写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●CTとMRIはどう違う?
幅広い世代が罹患する恐れがあり、予後も悪いくも膜下出血。発症すると即死する確率も2割におよぶとされているが、一人でも多くの患者を救うべく疾患を早期発見するための技術や治療方法も日進月歩している。

今回は高島平中央総合病院脳神経外科部長の福島崇夫医師に、くも膜下出血の検査・治療の方法を伺った。

○さまざまな検査方法

脳にある「くも膜」の下(内側)の部分に出血が認められる疾患の総称であるくも膜下出血の原因は、脳腫瘍や動脈解離などもあるが主に「脳動脈瘤(りゅう)の破裂」と「脳動静脈奇形(AVM)からの出血」に大別できる。リスクファクターは「飲酒」「喫煙」「高血圧」で、これらの因子を持っている人や、身内がくも膜下出血を罹患した人、断続的な頭痛といった発病の兆候が見られる人は、早期発見のために定期的な検査をした方がよい。

くも膜下出血が疑われる症例に対する検査方法は複数ある。以下にまとめたので参考にしてほしい。

CTスキャン……放射線などを利用して物体を走査後、コンピューター処理によって物体の内部画像を構成する検査方法。全身を撮影するために必要な時間は2〜30秒程度ときわめて短い。

3D-CT angiography……造影剤を投与してCTスキャンを行い、脳血管の状態を調べる検査法。血管造影検査に比べ、空間分解能・血行動態評価の面では若干劣るものの、低襲性で検査時間も短く、利便性が高い。また、任意の方向から病変の観察が可能なため、形態評価および術前の手術シュミレーションに応用が可能である。

MRI……強力な磁石でできた筒状の構造物内に入り、磁気の力を利用して体の臓器や血管を撮影する手法。脳や筋肉など、水分の多い部分の画像診断に優れる。

MRA……「MR Angiography」の略で、「血管の検査に特化したMRI」というイメージを持つとわかりやすい。脳全体に張り巡らされている血管を詳細にとらえ、くも膜下出血の最大の原因である脳血管のこぶ(脳動脈瘤)の早期発見などに役立つ。

脳血管撮影……カテーテルと呼ばれる細長い管を体の中に入れていき、血管内に造影剤を入れて調べる検査。血管内を造影剤が流れていく様子を連続的にエックス線撮影することで、非常に微細な血管でも写し出すことが可能。

基本的にはCTスキャンとMRIを複合的に用いて検査し、くも膜下出血が確認されたら出血原因を調べるためにMRAや3D-CT angiography、状況によっては脳血管撮影を行うケースが多いという。

「MRAの優れている点は放射線の被ばくもなく、注射などもしないため侵襲性が少ない(生体の内部環境を乱す恐れが少ない)ことから、『体に金属が入っている』など、よほどの事情がない限り誰でも安全に検査を受けることができます。ただ、低侵襲である一方、『動脈瘤がどのような形なのか』といった細かい部分がわかりにくいです。その場合は、より細かいところまでわかる3D-CT angiographyや脳血管撮影を用います」。

●2種類の手術方法のメリットとデメリット
検査で脳動脈瘤破裂が確認されたら、ただちに再破裂を防ぐために原則的には手術となる。手術方法は脳動脈瘤の部位や形、患者の体力などの要素を総合的に勘案し、「クリッピング手術」と「血管内手術(脳動脈瘤内塞栓術)」のいずれかを選択する。それぞれのメリットとデメリットも踏まえ、その特徴をまとめた。

クリッピング手術……脳動脈瘤からの再出血を防ぎ、脳のダメージをより深刻にさせないために用いる術式。開頭した後、動脈瘤の根元部分を血管の外側からクリップではさみ、脳動脈瘤内に血液が入らないようにすることで再破裂を防止する。

■メリット:古くから用いられる手術で、医師が顕微鏡(マイクロサージェリー)で見ながら直接手術をするため、確実性に優れる。治療中に再度出血し始めた場合でも対処しやすい。

■デメリット:開頭するため、患者への負担度が増す。また、脳の中心部などデリケートな位置に脳動脈瘤がある場合、手術が困難である。

血管内手術(脳動脈瘤内塞栓術)……足の付け根などから血管内にカテーテルを挿入し、脳動脈瘤の中に柔らかい金属製のコイルをつめることで、再びこぶ内に血がたまらないようにする術式。クリッピング手術よりも歴史は浅い。

■メリット:開頭せずに短時間で治療できるうえ、体への負担が少ないため高齢者でも施術しやすい。脳の奥深い位置にある脳動脈瘤でも治療が可能。

■デメリット:術中に再出血し、脳内に血腫ができた場合などの対応が難しい。クリッピングと同程度の根治性を主張する論文も最近出てきているものの、手術の歴史が浅いために長期治療成績が不十分。

「お互いの手術がもう一方の手術のデメリットを補っているという関係ですね。現在は医療デバイスが非常に進歩しており、脳動脈瘤内塞栓術はより安全かつ確実に行えるようになっています。つまり、『どちらかの手術があればいい』というのではなく、『双方の手術が状況に応じていつでも選択できる準備が必要である』ということは確かです」。

○冬はくも膜下出血リスクがアップ

くも膜下出血の最大の危険因子は血圧だが、屋内と屋外で寒暖の差が激しくなるこれからの時期は高血圧に陥りやすい。その分だけ、発症のリスクが高まるということになる。検査・治療法が日々進歩しているのはうれしい限りだが、くも膜下出血の致死率が高いという事実は揺るがない。これを機に、日常生活における予防の重要性を再認識するようにしよう。

○記事監修: 福島崇夫(ふくしま たかお)

日本大学医学部・同大学院卒業、医学博士。日本脳神経外科学会専門医、日本癌治療学会認定医、日本脳卒中学会専門医、日本頭痛学会専門医、日本神経内視鏡学会技術認定医。大学卒業後、日本大学医学部附属板橋病院、社会保険横浜中央病院や厚生連相模原協同病院などに勤務。2014年より高島平中央総合病院の脳神経外科部長を務める。

(栗田智久)