アン・ハサウェイ

写真拡大

大ヒット犯罪映画『オーシャンズ11』の女性版とも言われる『Ocean's Eight(原題)』に出演中のアン・ハサウェイが、共演者のケイト・ブランシェットと口論になり、二人の間に不仲説が流れていることが明らかとなった。米E!Onlineなどが報じている。

アンとケイトの他、サンドラ・ブロック(『ゼロ・グラビティ』)とヘレナ・ボナム=カーター(『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』)、人気歌手のリアーナやミンディ・カリング(『ザ・オフィス』)といった顔ぶれが揃う話題作は、現在ニューヨークで撮影中だ。

情報筋の話では、のんびりした性格のケイトの神経をアンが逆撫でしているとのことで、「二人は、ケンカをしてから数日ほど口を利いておらず、歩み寄ろうとしているものの厳しい状況です」と語っている。

しかし、この噂についてアンの代理人が、「根も葉もない話で、事実ではありません。セットでは誰もが撮影を楽しんでおり、ゴシップ紙が女優同士のケンカをデッチ上げたいだけです。悲しいことに、男優ならこんな噂を立てられたりはしないでしょう」と反論して、噂を一蹴にしている。

前出の女性主要キャストに加えて、『オーシャンズ11』シリーズでライナス役を演じてきたマット・デイモン(『オデッセイ』)と、ダミアン・ルイス(『HOMELAND』)も出演することとなっている。

豪華女性スターが共演するアンサンブル犯罪映画『Ocean's Eight』は、全米で2018年6月8日(金)に公開予定。(海外ドラマNAVI)