24日、米国と中国はこのほど、北朝鮮の核実験強行に対し、制裁を一層強化することで合意した。写真は平壌。

写真拡大

2016年11月24日、仏国際放送ラジオ・フランス・アンテルナショナル(中国語電子版)によると、米国と中国はこのほど、北朝鮮の核実験強行に対し、制裁を一層強化することで合意した。北朝鮮から中国への石炭輸出禁止を含む国連安保理決議案が来週採択される見通しだ。

国連関係者が明らかにした。北朝鮮の核実験に対し、米中は3カ月にわたって協議を継続。このほど制裁強化で合意し、国連安保理常任理事国に今後の方針を委ねる形となった。ロシアは今のところ態度を保留しているが、来週には安保理決議案が採択される見通しだ。

決議案には北朝鮮から中国への石炭輸出禁止が盛り込まれた。これにより北朝鮮が受ける経済的損失は数億ドルに達するとみられる。さらに、北朝鮮の核開発計画に関与する企業、関係者のブラックリストも作成された。(翻訳・編集/大宮)