有意義な休暇はパフォーマンスを上げる、DeNA流「健康経営」

写真拡大

健康経営の先進企業は、社員の休暇をどう捉えるのか。CHO(Chief Health Officer)室の指揮のもと社員の有休取得を推進するDeNAの取り組みを聞く。

「休暇とは、リフレッシュしながら新しいことが学べる機会。ただ休むのではなく、ワクワクする体験で自身の興味や関心を広げる充実した時間を過ごすことだと考えています」

ディー・エヌ・エー(DeNA)で社員の健康をサポートするCHO室を立ち上げた平井孝幸 室長代理は、休暇を社員のヘルスリテラシーを高める一つの手段にできると語る。「一緒に働く社員が健康であってほしい」という考えから設立したCHO室は、食事、運動、睡眠、メンタルの4つを軸に、健康を通して社員の生産性の向上を目指している。

平井が社内の有給休暇の取得率について調査したところ、「休みをとれるタイミングがない」「休みをとっても特にやることがない」といった声が多く挙がったという。そこで、「有休ハワイ」というプロモーションを実施するハワイ州観光局とDeNAトラベルに声をかけ共同で開発したのが、社員向けの有給休暇を使ってハワイへ行く健康ツアー企画だ。社員が有給を取得して行きたくなる場所を第一に考えた。

ハワイの地産地消の食事や、海や山に囲まれた自然の中で歩く・走るなどの身体的なアクティビティが体験できる。普段運動しない人でも、ヨガを体験する絶好の機会だ。

「歩くことは、誰でもできる身近な健康法です。正しい早歩きを20分するだけで、病気になりづらくなると言われています。ハワイは景色がきれいで歩くのに最適。もちろん、海や山など景色のいいところだけでなく、例えばダウンタウンを歩くことで今までと違ったハワイを知る機会にもなります」

知らない土地を歩くことで新たな気づきや発見をもたらす効果は大きい。歩くことで思考が整理されたり、スマホの電波が入らない場所に行くことで日々の喧騒から抜け出すデジタルデトックスにもつながったりする。

IT企業の多くはスピード感が求められるため交感神経が優位になりがちだ。しかし、ハワイ島の風や光、空気の透明感といった自然を味わうことによって、副交感神経を優位にしてくれる。オフィスと自宅の往復では得られないリラックス効果がある。平井は、こうしたウェルネス企画をどのように仕掛けていくかを日々考えているのだ。

もちろん、数日間ハワイに行っただけでは健康になるわけではない。しかし、旅行先での経験はさまざまな気づきをもたらし、意識変容をもたらす。それが重要だという。

ビーチヨガやオーガニックフードをふんだんに食べられる非日常の体験がスイッチとなり、帰国後も身体を動かしたり野菜や食べ物に意識を向けるようになるといった日常性に落とし込むことで健康意識を高めることができる。

「一般的に、長期の休暇は多くの会社で取りづらいかもしれません。健康経営の視点でみたとき、年に2回でも社員が旅行に行きやすい環境を設計することで、生産性や福利厚生の観点からも社員の満足度は高まる。若い社員も体調管理に気を使うことで病気になりづらく、人材育成や人事の面でもいい影響を及ぼしてくれることを期待しています。健康経営は投資価値としても高いものと捉えるべきです」

休暇をただの休みと捉えるのではなく、積極的に新たな体験や刺激、発見を得る機会にすることで、自身の知的好奇心を刺激し、次なる活力や仕事の生産性向上につなげていく。社員のヘルスリテラシーを高め、継続的に高いパフォーマンスを発揮するには健康状態が重要であると一人ひとりが気づき、主体的に必要な知識を得て実践していく。環境が人を育てるという言葉があるように、人の健康も作ることができるのだ。

こうした健康経営の動きは、DeNAを起点に渋谷全域の企業をも巻き込んだ動きになってきている。健康経営の知見や社内で培ったノウハウやエビデンスをもとに、渋谷区や渋谷の企業とともに健康経営を推進する「ウェルネスシティ@SHIBUYA」をもとにした、健康的な街づくりを推進させていく動きも起き始めた。

積極的に休暇を取ることは、健康だけでなく企業の価値を高める大きな柱なのだ。

平井孝幸◎株式会社ディー・エヌ・エー CHO室 室長代理。人体や健康に関する書籍を半年で300冊以上読み、メンタル、食事、運動に関する研究結果をもとに自身のライフスタイルを一新。健康が当たり前な会社にするためCHO室を創設。