共和党はなぜ赤色?

写真拡大

2016年のアメリカ大統領選は、共和党のドナルド・トランプが当選しました。事前の予想では一貫して、民主党のヒラリークリントン有利の報道が伝えられていただけに、意外な結果に驚いている人も多いのではないでしょうか?

共和党はなぜ赤

選挙の開票速報などでは、共和党が赤色、民主党が青色で示されていますが、この色はどうやって決まったものなのでしょうか。一般的に共和党は保守的な政党、民主党は革新的な政党といわれています。そうなると、共産主義を連想させる赤色というのは保守政党である共和党にはふさわしくないのではないかとも、思ってしまうのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

日本の場合は?

日本の選挙の開票速報の場合、与党の自民党や公明党は赤色、野党である民主党は青色で示されています。アメリカ大統領選もこの例にならっているということなのでしょうか? ですが、アメリカにおいてはは赤色と青色の明確な区別というのはつけられていませんでした。場合によっては民主党が赤色、共和党が青色で示されることもあったのです。この両者がはっきりと現在の色で区別されるようになったのは、2000年の大統領選以降だといわれています。この年、ジョージ・W・ブッシュ大統領が激戦の末、勝利したことで話題となりました。長期にわたって選挙報道がなされたため、共和党の赤色というイメージが定着したのでしょう。