写真提供:マイナビニュース

写真拡大

○テキストも音声も翻訳してくれる無料アプリ

中学生の頃からさんざん勉強したはずの英語でもわからない単語や言い回しに出会うことはよくあるが、それ以外の言語だと看板程度でも全くわからないことも多いだけに、翻訳アプリはぜひ手元に用意しておきたいところだ。

無料で利用できる「Google翻訳」は、スマートデバイス内でコピー&ペーストしたテキストの翻訳はもちろん、街中でみかけた看板や書類に書かれた文字を読む助けにもなってくれる。さらに会話など対面でのコミュニケーションも助けてくれる機能があるから、ぜひインストールしておこう。

○テキスト翻訳から頻出訳リストも作れる

基本はテキスト入力での翻訳だ。標準では「日→英」翻訳になっているから、まずは「タップしてテキストを入力」とある欄をタップし、日本語で適当な言葉を入力してみよう。即座に英訳文が表示されるはずだ。その右にある矢印をタップすると翻訳が確定される。

確定画面では元の日本語と英訳文の両方にスピーカーマークが表示されていて、これをタップすると発音してくれる。さらに英訳文の右下にあるアイコンのうち、一番右は訳文のテキストコピーをしてくれる。左は訳文の共有機能だ。中央はというと、訳文を全画面に大きく表示してくれる。会話中など相手のいるシーンで訳してみたはいいもののうまく発音できない時には、この大画面表示で相手に見せてしまうのも1つの方法だろう。

翻訳を繰り返して行くと、入力フォーム下に履歴が蓄積されて行くから、少し前に訳した文章をまた使いたい時などにはここから引き出せる。よく使う文章の場合は、訳文表示の右側にある星ボタンをタップしておけば、画面下部中央のボタンから「スター付き」リストとして表示できる

○手書きやカメラからの入力でさまざまな言語を訳そう

扱う言語は、それぞれの言語部分をタップすると下部にリストが表示される。初回起動時の画面で日本語のオフライン翻訳用のファイルダウンロードが促されるが、初めて利用する言語でオフライン翻訳ファイルが存在する場合には毎回促されるから必要に応じて取得しておこう。

オフライン翻訳ではテキスト入力での翻訳しか利用できない。同じく、言語によってはテキスト入力にしか対応していない場合もあるが、メジャー言語では違った翻訳に対応していることも多い。まず1つの方法が、入力フォーム右側にあるボタンをタップした画面での手書き入力だ。日本語入力はもちろん、テキスト入力の方法がわからない言語でも利用できるのが便利だ。

フォーム左下のカメラボタンからは、カメラを通しての翻訳ができる。看板や書類などの翻訳に有効だ。画面内に表示されるバーに幅や高さを合わせて撮影すると、文字部分が自動認識される。さらにそこから、翻訳すべき部分をなぞってハイライトすると、その部分が翻訳される仕組みだ。

○会話の最中にも活躍する音声翻訳

フォーム下部のマイクボタンからは、音声入力が行える。フォーム下部からアクセスした時には、指定した翻訳元言語が認識され、翻訳先言語へと変換されて終了する。翻訳結果は即座に読み上げられるから、会話の補助として利用したい時に便利だろう。

さらに、ここで元の画面に戻らず、下のマイクボタンをタップすると翻訳元と翻訳先の両言語のボタンが赤く光る。「両方の言語が認識されます」と表示されるように「日→英」翻訳の設定でも、聞こえた言語が日本語か英語かを自動的に識別する仕組みだ。認識された側の言語が赤く表示され、翻訳された先の言語が発音される。

発音が明瞭なほど迅速に翻訳されるようで、不明瞭な場合はしばらく待たされることがあるが、マイクボタンをタップして認識を打ち切るとその時点での認識結果を翻訳してくれる。英語と日本語でそれぞれ話していても真ん中に置いたiPadが次々と訳してくれるような状態になるのがおもしろい。

「日→英翻訳」設定で下手な発音の英語を話すと、日本語欄に英語が表示されるなど、聞き取れてはいるようなのに英語としては認識されなかったりすることもあり、発音の練習にも使えそうだ。

なお、音声認識は一部の言語で方言の指定を受け付けている。画面右下の歯車ボタンから設定画面を呼び出し「音声入力」の中で言語を指定し、方言を選んでみると認識率が向上するかもしれない。

利用料金:無料

制作者:Google, Inc.

Google 翻訳

(エースラッシュ)