写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士通とSAPジャパンは11月24日、製造現場向けソリューションのビジネス領域でグローバル市場への展開も視野に協業することで合意したことを発表した。

今回の協業により、SAPの「SAP Manufacturing Execution」および「SAP Manufacturing Integration & Intelligence」と富士通の業種・業務に特化したものづくりノウハウを活用したインテグレーションを組み合わせて提供する。

これらのソリューションを導入することで、企業の各部門において分断された業務データを、販売から調達、生産、製造までサプライチェーン領域全体を通してつなぎ合わせ、製造現場で発生する事象を可視化でき、解決することが可能となるとしている。

また、日本国内のビジネスにおける戦略的なパートナーシップの下、富士通は、SAPからソリューションに関する技術トレーニングや販売や導入時のサポートを受け、両社で積極的なソリューションの拡販活動を行う。

さらに、富士通は、SAPの拡張サプライチェーンソリューションを米国で既に提供開始しているが、今回の日本での提供開始も踏まえ、今後アジアやその他の地域への共同展開を検討していく。

(辻)