池坊専好役の野村萬斎 (C)2017「花戦さ」製作委員会

写真拡大

 華道池坊家の初代・池坊専好を主人公に据えた鬼塚忠氏の小説を、狂言師・野村萬斎主演で実写映画化した時代劇「花戦さ」の特報映像が、このほど完成した。

 「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄監督のメガホンで映画化した本作は、“花”の専好(萬斎)と“茶”の千利休(佐藤)の友情や、時の天下人・豊臣秀吉(猿之助)との対立を描く。NHKの2017年大河ドラマ「おんな城主 直虎」を手掛けることになった森下佳子が脚本を務め、久石譲が音楽を担当する。

 萬斎のほか、歌舞伎俳優・市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市ら日本を代表する名優たちが出演。森川葵が映画オリジナルのキャラクター・れんに扮するほか、高橋克実、山内圭哉、和田正人、吉田栄作、竹下景子といった実力派が脇を固める。

 お披露目された特報映像では、不敵な笑みを浮かべた専好が「わしゃ、勝つつもりでいるけどな、この戦」と話すシーンから始まる。専好の兄弟子・専伯(せんぱく)役を演じた山内がナレーションを務めており、「秀吉を『ギャフン!』と言わせたけったいな男」という語りが、専好が挑んだ奇想天外な戦いの期待感をあおっている。

 そして、豊臣秀吉(市川)、織田信長(中井)、前田利家(佐々木)、千利休(佐藤)の姿も映され、「秀吉が吠え、信長が褒め、利家が案じ、利休が慕う」というナレーションからも、専好が相当の傑物であることが伺える。また、れん(森川)が、専好から大声でお経を唱えられて驚いてしまうユーモラスなシーンも切り取っている。

 「花戦さ」は、2017年6月3日から全国で公開。