大阪府立大学は24日、絆創膏(ばんそうこう)のように体に貼って心拍や皮膚温度などの健康状態や紫外線量を計測できるウェアラブルデバイスの試作品を開発したと発表した。

 「印刷技術を開発すること」で柔らかいフィルム上に活動量(加速度)センサを形成する技術を実現した。印刷技術によるセンサは世界初だという。従来の半導体によるセンサ製作技術と比べると、多種センサの集積化と低価格化が可能になる。

 今回の技術は、次世代の健康管理デバイスの実現だけでなく、モノや人がインターネットとつながるIoT社会への貢献やデジタルヘルスとしてのツールとしての利用が期待できる。