ブラジルを破り、ベスト4進出を果たしたヤングなでしこ

写真拡大

 U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)は24日、U-20W杯準々決勝でU-20ブラジル女子代表と対戦。3-1で勝利し、自国開催以外では初となるベスト4進出を果たした。日本は29日に行われる準決勝でドイツとフランスの勝者と対戦する。

 自国開催で過去最高の3位となった2012年以来、2大会ぶり5度目の出場で頂点を目指す日本。B組を2勝1敗の首位で通過し、準々決勝でA組2位のブラジルと激突した。

 開始から攻勢をかけながらもゴールを割れなかった日本だが、前半アディショナルタイム2分に均衡を破る。PA内左に抜け出したFW籾木結花がマイナスに折り返すと、大外から走り込んだDF守屋都弥が左足で押し込んだ。

 1-0で迎えた後半5分には守屋がPA内右からクロスを送り、途中出場のMF松原志歩が左足で合わせて追加点をマーク。さらに同23分、PA右脇からMF宮川麻都が送ったボールがファーに流れると、松原が胸トラップから冷静に相手DFをかわして右足でゴール右に決め、ダメ押しの3点目を奪った。

 日本は後半アディショナルタイム1分にDF市瀬菜々が与えたPKから1点を返されるが、3-1でタイムアップ。ポゼッション61%対39%、シュート数18対5と内容でも王国ブラジルを圧倒し、準決勝進出を決めた。

■日本 3-1(前半1-0)ブラジル

<得点者>

45分+2:守屋都弥

50分:松原志歩

68分:松原志歩

90分+1:ガビ・ヌネス

<出場メンバー>

[U-20女子日本代表]

先発

GK 1 平尾知佳(浦和L)

DF 3 北川ひかる(浦和L)

DF 4 市瀬菜々(仙台L)

DF 5 乗松瑠華(浦和L)

DF 16 守屋都弥(INAC)

(85分→MF 14 三浦成美(日テレ))

MF 6 隅田凜(日テレ)

MF 7 杉田妃和(INAC)

MF 8 長谷川唯(日テレ)

MF 15 宮川麻都(日テレ)

FW 10 籾木結花(日テレ)

FW 18 上野真実(愛媛L)

(46分→MF 17 松原志歩(C大阪堺L))

控え

GK 12 松本真未子(浦和L)

GK 21 浅野菜摘(AS埼玉)

DF 2 水谷有希(筑波大)

DF 13 羽座妃粋(日体大FIELDS横浜)

MF 19 塩越柚歩(浦和L)

MF 20 林穂之香(C大阪堺L)

FW 9 西田明華(C大阪堺L)

FW 11 河野朱里(早稲田大)

監督

高倉麻子