FES☆TIVEが吉幾三の代表曲「俺ら東京さ行ぐだ」をカバーし、11月25日に配信限定シングルとして発売した

写真拡大

FES☆TIVEが、吉幾三の代表曲「俺ら東京さ行ぐだ」をカバー。11月25日、配信限定シングルとして発売した。

【写真を見る】こっとん、「俺ら東京さ行ぐだ」を聴いて昔の田舎にタイムスリップ!!

FES☆TIVEは、“お祭り系”をコンセプトに活動しているアイドルユニット。今回の「俺ら東京さ行ぐだ」は、7月の1stアルバム『ワッショイレコード』以来のリリースとなる。

今回、メンバーの坂元由奈、汐咲玲亜、青葉ひなり、椎名あかり、桃原ひよ、鈴木ことね、鈴木みつきが「俺ら東京さ行ぐだ」について語ってくれた。(※横井ほなみは活動休止中)

――吉幾三さんの曲をカバーすると聞いた時は、どう思われましたか?

坂元:お父さんがその日にあった事とかを替え歌にして、カラオケでよく歌ってたので元々知っていたんですよ。

その曲をカバーさせていただくということで、すごくびっくりしたし、FES☆TIVEにも新しい風が吹くんじゃないかなって思いました。これを機会に、たくさん知ってもらえたらいいですね。

――普段、皆さんが歌っている曲とはタイプが違いますよね。

坂元:違うんですけど、何か…。

鈴木(こ):FES☆TIVE流になってるよね。

坂元:新しい感じ。アイドルっぽいんだけど、吉幾三さんの雰囲気も残しつつ。

桃原:FES☆TIVEじゃないと歌えなさそうな。

鈴木(み):他のアイドルさんでは歌えないような感じかなって思います。

――FES☆TIVEらしい“お祭り感”があるんですね。

坂元:“お祭り感”が入ってます。FES☆TIVEのイモっぽい感じも、ちょっと残しつつ。

鈴木(こ):FES☆TIVEはアップテンポな曲が多くて、今回もアップテンポになってるよね。

汐咲:カバーさせていただくって聞いてから、ふとテレビを見てたらCMで「俺ら東京さ行ぐだ」が流れてて。この曲をカバーさせてもらえるってすごいことなんだなって、改めて思いました。

誰かの曲をカバーするというのは初めてですが、歌い方とかも「吉幾三さんっぽく」みたいなこだわりを持ってレコーディングしたので、自分たちらしさと、原曲らしさを合わせた新しい感じになっています。本当に有名な曲なので、私たちのことを新しい方面の人たちに知ってもらえるきっかけになるんじゃないかなと思います。本当に嬉しいことですね。

――汐咲さんが語ってくれましたが、他の方はカバーするにあたって気を付けたこと、心掛けたことは何かありますか?

桃原:吉幾三さんが歌う「俺ら東京さ行ぐだ」を聴いてから、レコーディングに挑みました。FES☆TIVEの曲だけど、訛りとか、濁点を付ける部分とか、吉幾三さんっぽさを出したかったので、原曲を聴いて自分なりに歌ってみました。

鈴木(み):私もレコーディングの際、訛りのイントネーションにこだわって何度も録り直してもらいました。普段は標準語を喋ってるし、ふざけて大阪弁で話したりするのとはまた違うので。だから、そこも注目してもらいたいですね。

鈴木(こ):この曲を聴いたら、昔の田舎にタイムスリップできるような気分になる歌にしたかったので、イントネーションもですが、曲自体がFES☆TIVEを残しつつ、ちゃんと昔の田舎な感じを出せるように歌おうって意識していました。

――今回、「俺ら東京さ行ぐだ」を初めて聴いた方もいらっしゃると思いますが、聴いた時の印象をお聞かせいただけますか?

椎名:方言(訛り)が強くて、この言葉は何て言ってるんだろう?っていうのがあったし、漢字の使い方も普段使っているのとは違ったのもあって、歌詞が深くて面白いなと思いました。リズムも、吉幾三さんの原曲と自分たちの曲で全然違って、同じ歌なのにこんなにも変わることができるのかって驚きました。

青葉:曲をもらってからテレビを何となく見てたら、普通に番組で曲が流れてたり、曲の1部がピックアップされてたり、ネタとかでたまに使われてたりして、こんな有名な曲なんだって知りました。それから自分で携帯にダウンロードして、いつも聴いてます。めっちゃクセになるんですよ! 演歌を聴かないので最初はハマらないかなと思ったんですけど、めちゃくちゃハマっちゃって。今は朝、聴きながら学校に行ってます。

今はリズムネタとかが流行ってて、昔のリズムネタというわけではないんですが、この曲は本当にすごい曲だなって思いましたね。お父さん、お母さんに言ったら、すごくびっくりしてたし、そんな曲をカバーできるっていうことで、今はすごく嬉しい気持ちと、早くみんなに教えたい気持ちでいっぱいです。私たちと同い年くらいのファンの人でも、多分知らない人がいるかもしれないじゃないですか。そういう人にも、吉幾三さんの曲にハマってもらえたらいいなと思います。

――有名な曲ということで、プレッシャーを感じますか? それとも、楽しみですか?

一同:楽しみ!

鈴木(こ):昔“幾三ブーム”っていうのがあったって聞いたので、これはまた'16年に“幾三ブーム”が来るかも。それにFES☆TIVEも乗っかれたらなって思います。

鈴木(み):FES☆TIVEブーム、来てほしいね!

鈴木(こ):FES☆TIVEが、吉幾三さんの曲のブームを再び起こせたらいいなって。

――カバーをきっかけに、何か吉幾三さんと一緒にやりたい事はありますか?

青葉:吉幾三さんが歌って、私たちが踊るっていうのをやりたいです!

一同:やりたい!!

坂元:機械音とか入って現代的でもあるけど、歌詞はそのまま「行ぐだ」って原曲のままなので、それを含めて聴いてほしいし、振り付けも手振りだけならまねできるような感じなので、早くみんなに見せたいです。

【FES☆TIVE・ひなりん、衣替え苦戦中に吉幾三をカバー へ続く。同記事は11月25日昼12時配信予定】