『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』フェリシティ・ジョーンズ&ディエゴ・ルナらの来日決定! (c)2016LucasfilmLtd.AllRightsReserved.

写真拡大

『スター・ウォーズ』シリーズの最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日日本公開)。本作は『エピソード4/新たなる希望』の直前までが描かれるアナザー・ストーリーで、反乱軍の寄せ集め極秘チーム<ローグ・ワン>が、全銀河を脅かす究極兵器デス・スターの設計図を奪うという97.6%生還不可能なミッションに挑む姿が描かれる。本作の日本公開に先駆けて、フェリシティ・ジョーンズとディエゴ・ルナ、そしてギャレス・エドワーズ監督の3名が、世界に先駆け、来日することが決定した。

本作の主人公で「スター・ウォーズ」の新たなヒロイン、ジン・アーソを演じるのは、『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたフェリシティ・ジョーンズ。15歳の頃から一人で生きる孤独なアウトローという、これまで彼女が演じてきた役柄とは一味違う姿に注目が集まる。彼女は今回が、映画のプロモーションとしては初来日となる。

また、ジンのお目付け役で情報将校のキャシアン・アンドーを演じるのは、メキシコ出身のイケメン俳優ディエゴ・ルナ。メキシコやハリウッドで俳優として活躍する一方、ガエル・ガルシア・ベルナルと共に自身の映画製作会社を立ち上げ、映画監督・プロデューサーとしてもマルチな才能を発揮。今回で9年ぶり2回目の来日となる。

ハリウッド版『GODZILLAゴジラ』の監督でメジャーデビューを果たし、本作の監督に大抜擢されたギャレス・エドワーズ監督は、今回で2年ぶりの来日を果たす。世界で最も注目を浴びている3名は、アメリカで行われるワールドプレミアの前に世界に先駆け日本に来ることになる。ローグ・ワンの主要メンバーが集結するのはアジアで唯一、日本だけてだ。3名は滞在中、レッドカーペットイベントや特別映像上映会など、直接日本のファンと交流する機会があるほか、来日記者会見を予定している。

■『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
12月16日(金)全国ロードショー
(c)2016LucasfilmLtd.AllRightsReserved.