24日、中国のポータルサイト・今日頭条は中国市場においてスズキ車人気が衰えている理由について分析する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はスズキ。

写真拡大

2016年11月24日、中国のポータルサイト・今日頭条は中国市場においてスズキ車人気が衰えている理由について分析する記事を掲載した。

記事は、中国国内ではスズキが撤退するとのうわさがたびたび流れると紹介。あくまでうわさにすぎないものの、本当にそうなる日は近いだろうと予測した。

その上で、中国でスズキ車の人気が落ちている理由について、安物というイメージがあるためスズキ車ではメンツを保てないことこと、新型車の投入が遅くモデルチェンジをなかなかしないこと、中身は良いのにデザインが良くないことを挙げた。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「中国人のメンツにはそぐわないからね」
「確かにいい車なんだけど、中国人はメンツを気にするから」
「本当に車が分かる人はスズキを買う。でも車が分かる中国人がどれだけいるだろうか」

「中国人の多くが車のことを分かっていないからだ」
「車が小さすぎるんだよ。中国人は大きい車が好きなんだ」
「理念が異なるからな。中国人は見せかけるのが好きだから」

「エスクードは評判が高いとてもいい車だ」
「品質が良すぎて、1台買ったら一生乗れてしまうからだよ」
「スズキは中国市場を撤退しても大丈夫。欧州でよく売れている」

「スズキの最大の敵は(合弁している)長安だ」
「スズキ、マツダ、フォード。長安と組むとみんなダメになる」
「スズキは日本企業の中でも唯一、反戦親中企業だ。自動車も良心的」(翻訳・編集/山中)