岡崎紗絵(左)と演じる小野屋杏(右) (C) 2017「ReLIFE」製作委員会 (C) 夜宵草/comico

写真拡大

中川大志、平祐奈のW主演で実写映画化が発表され、先日、高杉真宙、池田エライザの出演も追加発表された『ReLIFE リライフ』。この映画に新たに女性ファッション誌「Ray」専属モデルで女優の岡崎紗絵が出演していることがわかった。

18歳になった平祐奈の劇中セーラー服姿3連発!

原作は、ダウンロード数世界累計2000万を突破し、16歳から19歳の約4人に1人が利用。今や日本の無料マンガアプリで利用率NO.1の「comico」の中で一番人気の作品。マンガアプリにとどまらず、comico初の単行本も6巻までで140万部を突破し、TOKYO MXなどでアニメ放映、東京・大阪では舞台化もされた作品だ。

主人公は海崎新太27歳(かいざき・あらた/中川大志)。大学院を卒業後、入社した会社をたったの3ヵ月で自主退職し、その後は再就職できないまま、コンビニバイトを続けるニート。そんな彼の前に、ある日突然、謎の男が現れ「人生、やり直しませんか?」と声をかけられる。提案されたのは、薬で見た目だけ若返り、1年間、再び高校生活を送るという実験の被験者。半ばやけっぱちで薬を飲んでしまった海崎は、中身は27歳のまま、学園生活を繰り広げていくというストーリー。

この映画で、岡崎が演じるのは小野屋杏(おのや・あん)役。主人公の海崎新太のクラスメイトで、成績は悲惨で、海崎と並びクラス最低レベルで追試仲間。メガネをかけ、三つ編みの髪がトレードマーク。おとなしめな外見だが、かなりのお喋り好きで、楽観的で人懐っこく、能天気な性格の持ち主だが、何を考えているのかわからないちょっとミステリアスなところがあるキャラクターだ。

岡崎は、出演が決まった時の感想を聞かれ「素直にとても嬉しかったです。自分も高校生に戻って全力で青春したいと思いました」とコメント。ちょっとミステリアスな役柄に「なにを考えてるか分からなそうに見えて意外と大人でみんなのことをわかっていたり、いろいろな面を持っているので彼女の人間性をたくさん見せていきたいです」と意気込みを語っている。

『ReLIFE リライフ』は映画『今日、恋をはじめます』の古澤健監督のもと、11月3日にクランクイン。2017年2月に完成し、同年4月15日より全国公開予定となっている。