『ウォーキング・デッド』シーズン7

写真拡大

過激な内容の影響で評価を落としながらも、高い視聴数を記録している『ウォーキンング・デッド』だが、スピンオフの映画化が実現する日が来るかもしれないようだ。ショーランナーのスコット・M・ギンプルがインタビューの中でこの噂について言及した。英Digital Spyが伝えている。

ComicBook.com.のインタビューに応えたギンプルは、本作の映画化の噂について答え、「いたるところでその質問を受けているよ。何れにせよ、いつか、あるんじゃないかな。クールになるだろうね」と、可能性を否定しなかった。そして、キャストの構想についても、「リックはウィリアム・シャトナー(『ボストン・リーガル』)。ダリル役でエドワード・ジェームズ・オルモス(『バトルスター・ギャラクティカ』)に出てもらおう。ヒットした番組のスターを揃えるんだ!ガバナーはマシュー・フォックス(『LOST』)だね」と、半分冗談で大物俳優たちの名前を大胆に並べた。

もし、いつの日か映画化が実現し、85歳のウィリアムがリックを演じることになるならば、今必死に戦っているリックとダリルは、これから先長い時間を一緒に過ごすことになるのだろうか。そんなことを考えるのも面白い。しかし、シーズン4で死亡したはずのガバナーも登場するアイディアがあるということが気になるところ。いずれにしても、大スクリーンで観られる日が来ることに期待したい。

『ウォーキング・デッド』シーズン7は、FOXチャンネルにて毎週月曜日夜9時から放送中。(海外ドラマNAVI)