2016年11月27日に富士スピードウェイで開催される「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2016(入場無料)」に、GLM社の第1号車種であり、日本初のスポーツEVの量産車トミーカイラZZが登場します。

1

トミーカイラZZは、0-100km/h加速を3.9秒でこなす性能の持ち主。現行のポルシェ911GTSが4.0秒ですからその能力の高さがうかがい知れます。さらに、軽量EVスポーツカーらしい軽快なフットワークも特徴。

英国で最も格式の高いモータースポーツイベントである「Goodwood Festival of Speed 2015」でも驚きをもって迎えられたそうです。同車の航続可能距離は120km(急速充電CHAdeMO対応)、最高出力: 225kW(305ps)、最大トルク: 415Nm。99台限定で価格は800万円(税抜き)となっています。

富士スピードウェイでは、その加速感を会場内の本コースで12:05から見ることができるほか、国内初披露となるトミーカイラZZによるドリフト走行をプロドライバーの川畑真人氏がドリフト専用会場「ドリフトエクスペリエンス(Drift Experience)」で4回(8:30〜、12:50〜、13:55〜、15:00〜 各会5分程度)披露する予定。

多彩なイベントが用意されている「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2016」。訪れる予定がある方は、貴重な機会であるトミーカイラZZの勇姿を目撃してみてはいかがでしょうか?

(塚田勝弘)

EVとして蘇ったトミーカイラZZが「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2016」に初参加(http://clicccar.com/2016/11/24/420258/)