NX300h特別仕様車“Urban Style”(トヨタ自動車の発表資料より)

写真拡大

 トヨタ自動車は24日、同社の高級車ブランド「レクサス(LEXUS)」が、SUV 「NX300h/NX200t」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、全国のレクサス店を通じて発売したと発表した。

 レクサス・NXは、2014年にレクサス初のコンパクトクロスオーバーSUVとして発売され、先進的で力強いデザインと機敏な走りを特長とする。2.5Lハイブリッドシステム搭載の「NX300h」とレクサスとしては初めてターボエンジンを搭載した2.0Lターボエンジンの「NX200t」をラインアップしており、今年8月には一部改良が行われている。

 今回の特別仕様車は標準に加えて3つ用意されている仕様のうち「I package」をベースにしており、それぞれブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールを採用。さらにフェンダーアーチモールをボディカラーと同色にすることでより引き締まった外観とし、NXのスポーティさに、より都会的でスタイリッシュな印象を付加した。外板色は全5色、内装色は全3色用意している。

 メーカー希望小売価格は、NX200t特別仕様車“Urban Style” の2WDが452万円AWDが478万円。NX300h特別仕様車“Urban Style”の 2WDが516万円、AWDが542万円(いずれも税込)。