ヤマハ発動機、「トリシティ」に高速道路も走ることが出来る「TRICITY 155 ABS」が登場!

写真拡大

ヤマハ発動機株式会社は、"BLUE CORE"水冷エンジンを搭載したフロント二輪の「TRICITY(トリシティ) 155 ABS」を 2017年1月20日より新発売することを発表した。

【ギャラリー】YAMAHA TRICITY 155 ABS (6枚)


ヤマハ発動機の成長戦略のひとつ"広がるモ ビリティの世界"を推進する LMW(Leaning Multi Wheel)の第2 弾として登場する 「TRICITY 155 ABS」は、"もっと行動範囲を広げ、さらに所有感を満たす New Standard City Commuter"を コンセプトに開発。高速道路も走ることが出来る排気量に、パーキングブレーキを装備。

「TRICITY 125」はスポーティな走りと安定感を両立した新しい楽しさや、斬新なスタイルで高い人気を集めている。「TRICITY 155 ABS」は、その楽しさをそのままに、高速道路走行や、よりパワフルなエンジンを求めるニーズに呼応し、より余裕のある走り、 所有感の向上を通じ、LMW の魅力を広げるモデルとして企画発売される。

【主な特徴】
1) 高効率燃焼に貢献する可変バルブシステム(VVA)搭載"BLUE CORE"エンジン
2) ヤマハ独自のLMW機構と新設計フレームを融合
3) 足元スペース面積拡大によるゆったりとした乗車ポジション
4) 高級感のあるLEDヘッドランプを搭載
5) 余裕の収納スペースを確保
6) ワンタッチ操作の、トグルレバー式のパーキングブレーキを装備
などとなっている。

○カラー:マットブラック2(ブラック)、ホワイトメタリック6(ホワイト)、マットビビッドパープリッシュブルーメタリック1(ブルー)
○メーカー希望小売価格:453,600 円 (本体価格 420,000円/消費税33,600円)
○発売日: 2017 年1 月20 日 453,600 円
○販売計画:700 台 (年間/国内)

なお、生産はタイのグループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)で行われる。

■ヤマハ発動機公式サイト