【試乗&ムービー】タフギアの日産エクストレイルはどこまで安全・安心か?

写真拡大 (全16枚)

テストコースで自動ブレーキなどの予防安全装備を徹底チェック

アウトドアやこれからの季節にウインタースポーツを楽しむ人など、タフな環境やアクティブな使用シーンを強く意識して作られた、日産の主力SUVモデルがエクストレイル。好調な販売を続けており、注目している方も多いと思うが、今回は、今注目されている予防安全機能を日本自動車研究所のテストコースで試したので紹介しよう。


そもそも日産は、この予防安全装備の普及がとても大切だと考えている。それは特定のクルマだけではなく、同じ道を走るすべてのクルマの予防安全性能が上がることが、安全性を飛躍的に高める源だと考えているからだ。そこで人間の目の代わりとして、クルマの周辺環境を認知するセンサーの役割にカメラを積極的に使う。


もちろん他メーカーで主流になっているミリ波レーダーもスカイラインなどでは使っているが、クルマの前方特等席に設置スペースを求めるので、冷却や全長に影響を及ぼすうえに装置自体が高価。

そこで比較的安価なうえに、バックミラー上という室内デッドスペースにモデルを問わず搭載できる汎用性から、エクストレイルではカメラを選択している。しかも日産は、カメラを2つ使ったステレオタイプではなく、単眼のモノラルタイプを使用。

人間でいえば、2つの目で立体的に対象物を捉えて距離を測るのではなく、片目で物体の形状と絶対的な大きさの変化から距離などを測る画像処理能力が求められる方式を採用している。これは普及の観点から選択したものだ。

もちろん普及しても性能が低ければ意味がないのだが、その能力の安定感に驚かされた。まずは「ぶつからないクルマ」を目指す上で運転支援機能の要でもあるエマージェンシーブレーキ。クルマと人に見立てた障害物パネルで試したのだが、見事に反応。感心させられたのが、カメラタイプが苦手とする、冬場の早朝の強い逆光環境でも、的確に障害物を識別して緊急ブレーキが作動したことだ。


また魅力に感じたのが、ドライバーへの告知の仕方。そもそも、緊急ブレーキなどはあくまでも運転支援であり、責任はドライバーにあるため、大事なのはドライバーとの協調。使いやすく、ストレスに感じずに、それでいて的確な支援での安全性の底上げが欲しいのだ。ドライバーが違和感を感じて機能をオフにされては元も子もない。


その観点では、過剰に反応することもないうえに、早目から障害物を発見して、まず警告、そして緩やかにブレーキ、最後に緊急ブレーキという段階を的確に踏んでいるのが良い。あくまでも主体はドライバーに回避行動を促すこと。強い自動ブレーキは、ドライバーからの反応がなく、衝突不可避となってから作動。この徹底感がある。


ちなみに単眼カメラの苦手分野は高速走行。画像の処理能力の限界もあり、エクストレイルだと10〜80km/hの速度域で作動する。また障害物と相対速度差が30km/h以下であれば衝突を回避できる可能性が高く、当然、相対速度差が大きい場合は衝突する。しかしノーブレーキで衝突するより被害は軽減される。何にせよ過信は禁物だし、お世話にならないことが望ましが、いざというときには頼りになる機能であることは間違いない。

安全装備は日常の運転疲れを軽減する効果もあり!

さらにこの単眼カメラを使い、走行車線から逸脱しそうになったら警告をだす。進入禁止標識を読み取って一方通行などへの誤進入を知らせてくれるなどの機能も楽にこなす。


また、カメラは前方だけでなくバックドアにもあり、通常は駐車する際の便利駐車支援カメラとして機能するが、そこにも画像処理&制御を施している。それにより、指定した駐車枠にハンドル操作まで任せられる半自動駐車機能が備わっているし、障害物を認識しているときにはアクセルをブレーキと間違えて深く踏んでしまってもクルマが進まないようにする誤発信抑制機能もある。

試してみたが、アクセルを踏んでいるのにクルマが動かない感覚がとても違和感。逆にいえば、いざというときにはそれだけ心強い制御だということ。


ちなみに高速道路や幹線道路を頻繁に使う方は、BSWという後側方車両検知機構が安全に役立つ。本線への合流や車線変更をしようとした際に、安全確認はしたがサイドミラーの死角にクルマがいてクラクションを鳴らされた、ヒヤッとした、という方は少なくないはず。

BSWはそんな死角にいるクルマを知らせてくれる機能なのだ。斜め後方にクルマがいると、ピラー部のランプが点灯して教えてくれる。

その状態でウインカーを出すと、そのランプが点滅すると同時に警告音を発生して警告。これがとても運転中の疲労を軽減してくれるのだ。なぜなら、もしかしたらクルマがいるかも……そんな車線変更に伴う慢性的な不安を軽減してくれるから。

ちなみに他メーカーではドアミラー自体に警告ランプを出すタイプもあるが、夜間では後方車両のライトか重なり見え辛いときもあり、車内のピラー部に設けられた警告ランプ方式は視認性が良い。


これら頼もしい運転支援機能がつくエクストレイル。もっとも感心するのがそれら先進アイテムに頼ることなくクルマの基本を磨いていること。基本的な乗り味は、足まわりがよく動くしなやか系で乗り心地が良い。また今回試乗したハイブリッドモデルはとくに静粛性も高い。高級セダン並みとまではいかないが、SUVレベルで考えれば快適性重視の方も十分すぎる満足度を得られるはず。


この手の背高のクルマの基本的な足まわりは、カーブでグラつくのでは? と思われがちだが、エクストレイルは違う。一つは切り替え可能な2駆&4輪駆動を巧みに操っていること。燃費が良くなる2駆では軽快感があるが、若干ぐらつき感がある。しかし4輪駆動も駆使するオートモードでは、安定感がグンとあがりハンドルの手応えが増すことでハンドルの切りすぎも自然と減り、車両のグラつきが効果的に収まる。


また安定感と快適性を両立する陰には、アクティブライドコントロールがあることを忘れてはならない。これはエンジンとブレーキをドライバーが気付かないレベルで制御して、クルマの前後方向の揺れを抑える機構である。姿勢変化が少なくなることで乗り心地は良くなるし、グリップは安定するし、旋回もスムースになる魔法のような制御機構だ。


タフギアとして進化し続けるエクストレイル。さまざまな使用シーンにも耐えられるようにクルマの基本部位も進化しているが、いつの間にかクルマの周りに目には見えない衝突を回避する電子クラッシャブルゾーンを備え、安全性まで底上げしていたのだ。
(文:五味康隆/写真・動画:森山良雄)