「タンジェリン」ポスター画像 (C)2015 TANGERINE FILMS,
LLC ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

 全編iPhone5Sにアナモレンズを装着して撮影し、世界中の映画祭で話題を集めた映画「タンジェリン」の予告編が公開された。

 映画は、マイノリティの人々の友情と恋愛をリアルで過激かつユーモラスに描いたコメディドラマ。服役を終え、街に戻ったトランスジェンダーの娼婦シンディは、彼氏が“女性”と浮気したことを知って怒り狂う。親友で同業者のアレクサンドラは、シンディをなだめながらも、歌手になる夢をかなえることで頭がいっぱいの状態。一方、2人の仕事場界隈でタクシー運転手をしているアルメニア移民のラズミックは、自らの変態的な欲望をどうにか満たそうとしていた。

 予告編は、アレクサンドラが勘違いからシンディに彼氏の浮気を明かしてしまうシーンから始まる。シンディは浮気相手を見つけるや否や、街中を引きずり回し、彼氏ともケンカ。大暴れの末、警察を呼ばれてしまう。それでもアレクサンドラはシンディを気にかけ、娼婦として生きるうえでの現実を説く。厳しい世界に生き、愛を求める2人の友情が感動を呼ぶ仕上がりとなっている。

 メガホンをとったショーン・ベイカー監督は、企画のリサーチ中にロサンゼルスの裏通りで出会ったトランスジェンダーの女性、キタナ・キキ・ロドリゲスとマイヤ・テイラーを役者として起用。実生活でも親友同士の2人の経験を基に脚本を書き上げ、ロザンゼルスのストリートのリアルな空気感を撮りきっている。

 「タンジェリン」は、2017年1月下旬から東京・渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開。