新たなマーケットを動かす「孫を持つシニア層」

写真拡大

人口動向により新たな需要が生まれると、起業家たちが革新的な製品やサービスでそれに応じる。生産性は高まり、雇用が創出される。その結果として社会問題が解決されたり回避されたりすれば、さらに喜ばしいことだ。

では2016年時点での以下の人口動態はどうだろう。

「アメリカにいる祖父母(孫を持つ高齢者)は7,400万人。毎年、200万人近いペースで増え続けている。既にアメリカの全世帯の40%を占め、その割合はますます高まっている。また、祖父母たちはアメリカの富の75%を握っている」

これは、ビジネス上の観点からすれば魅力的な数字だ。そして当然ながら、多くの企業が既に直接的・間接的にこのセクターに重点を置いている。

一方で、別の統計結果もある。裕福なシニア層がいると同時に、アメリカ社会には祖父母が直接孫の面倒を見ている世帯もたくさんあるというものだ。両親が失踪または死亡したり、罪を犯して服役している家庭だ。

こうした祖父母には、3世代で一緒に行けるパック旅行を専門とする旅行代理店は必要ない。彼らのニーズは、一見ビジネスとはまったく別の世界にあるように見えるが、必ずしもそうとは限らない。

そこで登場するのがジム・ムーアだ。ムーアは、孫を持つシニア層のニーズに応じた情報提供を行う組織グランズ・マター(Grands Matter)の代表を務める。

「我々は全米退職者協会(AARP)のような重要な組織とは大きく異なるサービスを提供していく考えだ」と彼は言う。「グランズ・マターは保険やその他商品の情報センターではなく、支援運動も行わない。孫を持つシニア層に直接働きかけ、彼らが祖父母としての役割を果たすための支援し、直面している幅広い問題を解決していく」

例えば裕福なシニア層には、遺産相続計画の新たな戦略を提案したり、相続を専門とするプランナーを紹介したりする。金銭的に余裕がないシニア層には、無料または手頃な価格で利用できる地元のデイケア施設を探したりする。

ムーアは1998年、ウォッチD.O.G.S.(ダッド・オブ・グレート・スチューデンツ=”素晴らしい生徒たちの父親”の意)という組織を立ち上げた。同組織には60万人の父親たちが登録し、自分の子どもが通う学校で、勉強の個人指導や放課後のパトロールなどのボランティアに参加した。子どもにも父親にも、さらに各公立学校にとってもプラスになるプログラムだ。

ムーアが師と仰ぐのが、NPO全国父親センターの創設者であるケン・カンフィールド博士(その後ウォッチD.O.G.S.も同NPOに吸収された)だ。貧しい都市地域と裕福な郊外地域の両方で豊富な経験を持つカンフィールドが、その後グランズ・マターを立ち上げ、シニア層の様々な問題を取り扱ったている。

裕福な世帯でよく問題になるのは事業の継承だ。「税法や資金計画ばかりを学んできた専門家は、人間関係のバトンを次世代に受け継ぐ方法を知らない」とカンフィールドは言う。「我々は、祖父母となった企業オーナーを支援し、彼らの価値観や行動規範を事業の重要な一部として引き継ぎつつ、子どもや孫たちが自主的に事業運営を行っていけるような相続プランを作成できるようにする」

貧しい世帯においては、感情的・物理的・金銭的に安心して暮らしていけるようにすることが最大の問題となる。「現在、援助を必要とする孫たちは750万人おり、その祖父母たちは支援を必要としている」とムーア。彼らのために利用可能な制度や組織を探し「絶えずコミュニケーションを取っていく。決して諦めるな、というのが我々のメッセージだからだ」と言う。

またカンフィールドは、祖父母たちは治安が悪い地域でも行きずりの犯罪の被害になることが滅多にない、と指摘する。彼らは、他人にほとんど敬意を持たない者たちからも尊敬を勝ち取っているのだ。これは、全ての祖父母に当てはまる重要な事実であり、グランズ・マターのミッションに通づるものでもある。

つまり、孫を持つシニア層はリソースを必要としているだけではない。彼ら自身が資産であり、私たちは今後まだまだ、その資産を活用しきれていないのだ。