写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車は24日、本格SUV「エクストレイル」に多数の装備を追加した特別仕様車「20Xtt」を設定して発売した。

「エクストレイル」は優れた4WD性能を誇る「ALL MODE 4×4-i」に世界初採用のシャシー制御技術を組み合わせて実現した走行性能の高さや、エマージェンシーブレーキ、インテリジェントパーキングアシスト付のアラウンドビューモニターをはじめとする先進機能が好評の本格SUV。特別仕様車「20Xtt」は、ガソリン車の「20X "エマージェンシーブレーキパッケージ"」をベースに、夜間や悪天候時の視認性を高めるLEDヘッドランプ、フォグランプをはじめ、手をかざすだけで開くリモコンオートバックドア、ダイナミックな新デザインを採用した専用18インチアルミホイール&タイヤを設定した。

アラウンドビューモニター(MOD[移動物検知]機能付き)、インテリジェントパーキングアシスト、BSW(後側方車両検知警報)などの先進安全装備、ナビゲーションやオーディオをコントロール可能なステアリングスイッチと連携することで使い勝手を向上させた「Nissan Connectナビゲーションシステム」も採用(ナビゲーションレス仕様も選択可能)した。

特別仕様車「エクストレイル 20Xtt」の価格は282万8,520〜310万7,160円(税込)。「平成27年度燃費基準+10%」と「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の達成により、自動車取得税は40%、自動車重量税は25%の減税となる。

(木下健児)