『しあわせの記憶』

写真拡大

ドラマ『しあわせの記憶』が、2017年1月8日にTBS、MBSほか全国で放送される。

【もっと大きな画像を見る】

大石静が脚本を手掛ける同作は、MBSの開局65周年を記念する2時間ドラマ。借金を抱えて離婚した父が家に戻ってきたことから巻き起こる騒動を通して、家族とは何かを問いかける内容となる。

事業に失敗した風来坊の父・太郎役を渡辺謙が演じるほか、長女・夏波役に北川景子、次女・冬花役に二階堂ふみ、母・純子役に麻生祐未がキャスティングされている。さらに千葉雄大、三浦貴大、山崎樹範、菅原大吉も出演者に名を連ねる。

演出とプロデュースを手掛けるMBSの竹園元は、同作について「放送局の開局記念ドラマということで、テレビドラマの原点である“ホームドラマ”にこだわり、かつ原作に頼らない“テレビ発”のオリジナルの物語を作りたいと思い、企画しました」とコメントしている。