森川ココネ役の高畑充希

写真拡大

神山健治監督のアニメーション映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

【予告編と画像を見る】

2017年3月18日から全国公開される同作は、アニメ『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズや『東のエデン』『精霊の守り人』を手掛けた神山監督の新作。2020年の東京オリンピックを3日後に控えた夏の日を舞台に、岡山で暮らす昼寝好きの女子高生・森川ココネが繰り返し見る夢と、ココネの家族の秘密を巡る物語を描く。

予告編ではココネ役を演じる高畑充希、ココネの幼なじみ・モリオ役の満島真之介のセリフが確認できるほか、高畑が歌う主題歌“デイ・ドリーム・ビリーバー”が使用されている。“デイ・ドリーム・ビリーバー”はタイマーズによる日本語訳バージョンで、高畑が同曲を歌うことについて神山監督は、「この楽曲は高畑さんでなければ意味がありません。“高畑さんが演じる森川ココネ”に歌ってもらうことで作品が完成すると言っても良いくらいです」とコメントしている。あわせて公開されたポスタービジュアルには「夢をみるのには、理由がある」というキャッチコピーが掲載されている。

■高畑充希のコメント
自分が声優をつとめた作品で、主題歌も担当するのは初めての挑戦です。
しかも凄く好きな曲を。やはり私の中では清志郎さんの素敵なイメージが未だに鮮やかで、カバーするには勇気が必要だと思いましたし、私で大丈夫かなという不安な気持ちはありました。
ですが、役がそのまま唄うようにエンドロールに入っていきたいと監督がおっしゃったので、それだったら面白いのではないかと思い、チャレンジさせていただく事になりました。
清志郎さんとはまた違った、ココネからの目線で楽曲を見られたらいいなと思い、この最高にカッコイイ曲を全力で楽しむことに集中しました。

■神山健治監督のコメント
高畑さんは歌い手としても優れていることは分かっていましたが、「デイ・ドリーム・ビリーバー」を最初に聞いた時、思わずニヤニヤしてしまうくらい嬉しかったです。音楽としても素晴らしい。
この楽曲は高畑さんでなければ意味がありません。
“高畑さんが演じる森川ココネ”に歌ってもらうことで作品が完成すると言っても良いくらいです。主題歌を引き受けて頂き、非常に嬉しく思います。