写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車は24日、新電動パワートレイン「e-POWER」の追加と一部仕様向上を行い、11月2日に発売したコンパクトカー「ノート」の受注が、発売後約3週間を経過した23日時点で月間販売目標(1万台)の2倍となる2万台を突破したと発表した。

日産「ノート」は今回追加した新電動パワートレイン「e-POWER」が高い評価を得て、非常に好調な立ち上がりとなった。「e-POWER」は100%モーター駆動ならではの力強くスムーズな走行性能と優れた静粛性を実現しており、走行に必要な電力はガソリンエンジンで発電するため、外部電力からの充電なしで走行可能となっている。

とくに新感覚の走行モード「e-POWER Drive」は、アクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速まで意のままに行えるワンペダルの運転を楽しむことが可能。販売会社での試乗を通じて「e-POWER」の魅力を感じた人が注文するケースが多く、同社を購入した約8割が「e-POWER」を選択している。

グレード別受注構成は、上級グレードの「e-POWER MEDALIST」が約30%を占め、静粛性や上質感を追求したグレードがとくに好評だという。オプションについては、アラウンドビューモニターや踏み間違い衝突防止アシスト、スマートルームミラーなどの先進安全装備セットの装着が約70%となっている。

(木下健児)