<朝食にアイスクリームを食べると脳にいい──本当ならぜひとも習慣にしたい研究を、日本の科学者が行った>

 朝食にアイスクリームを食べると脳にいい。

 日本の杏林大学精神神経学科の古河良彦教授は、起床後すぐに冷たい物を食べると、衝撃で脳が活動を始め、注意力や思考力が増すと主張する。

 一連の治験で、朝、温度が異なる物を食べた後の脳の活動状態の違いを調べた結果だ。

 アイスクリームを食べた人では高周波のアルファ波が増加し、注意力が増し、不安は収まったと、英デイリーテレグラフ紙は報じた。

ルーシー・クラーク・ビリングズ