「本人から」or「まわりから」男性が喜ぶ好き好きアピールはどっち?

写真拡大

好きな相手に直接思いを伝えるというのは緊張しますし、なかなか難しいですよね。そんなときは友人などの手を借りて外堀から埋めていく作戦を立てるという人も多いと思います。では男性は、どちらのアプローチのほうがうれしいのでしょうか。アンケートをとってみました。

Q.どちらのアプローチをされるほうがいいですか?

「女性本人から直接的なアプローチ」……85.8%
「まわりの友人からの間接的なアプローチ」……14.2%

圧倒的多数が「本人から直接」と回答しました。なぜなのでしょう。理由も教えてもらいました。

<女性本人から直接的なアプローチ>

■ストレートがうれしい!

・「真っすぐ来てもらえたほうがうれしいから」(30歳/その他/その他)
・「真っ正面から向かってくる勇気に魅力を感じるから」(38歳/人材派遣・人材紹介/営業職)
・「直接のほうが心に響くから。自分も好きだったときなどはテンションが上がる」(31歳/情報・IT/技術職)
・「自分の意思を自分の言葉で伝えられる人がいいので」(37歳/運輸・倉庫/その他)

ストレートに気持ちをぶつけてもらえたほうがうれしいという意見が多数。その分、気持ちに応えたくなるのだそうです。

■わかりやすくていい

・「直接話すことにより、進展が早いと思う」(35歳/機械・精密機器/技術職)
・「直接のほうが思いをじかに受け取れるから」(32歳/小売店/販売職・サービス系)
・「友人からの意見だけでは相手の本気具合がわからないから、直接アプローチはされたほうがわかりやすい」(34歳/食品・飲料/事務系専門職)

鈍感な男性だとわかりやすさが大事と考える場合は多いよう。直接言われたほうが、相手の様子から気持ちをうかがえていいのだそうです。

■まわりくどいのは嫌

・「まわりくどいのは嫌いなので、遠回しはやめてほしい」(34歳/不動産/営業職)
・「まわりくどいやり方だと、好意に気づかないことがあるから」(37歳/情報・IT/技術職)
・「めんどくさいのは好まないし、何事もハッキリしてるほうがいい」(38歳/その他/その他)

友人を介すという回りくどさを嫌がる男性も少なくないよう。じらさずハッキリキッパリが気持ちもよくていいのだとか。

■本心がわかりにくい

・「まわりから入ることで、意図が変わる可能性があるためです」(38歳/ソフトウェア/販売職・サービス系)
・「まわりの友人からの間接的なアプローチは信ぴょう性に欠けるから」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「そのほうがわかりやすいし、友人を通すと脚色、その人の主観が入るから」(33歳/その他/クリエイティブ職)
・「直接のほうが相手の目を見て話せるし、気持ちがあるにしろ、ないにしろ、こちらの気持ちをしっかり伝えられるから」(36歳/商社・卸/専門職)

友人が伝えた時点で、本人の気持ちそのままではなくなってしまうので嫌だという意見も。その女性自身の言葉が聞きたいのだそう。

<まわりの友人からの間接的なアプローチ>

■ワクワク感がある

・「とても楽しみが増えて彼女と会うと意識してワクワクするから」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「お互いに、徐々に関係を深めていく過程が、楽しめそうなため」(36歳/情報・IT/技術職)
・「直接言うのが恥ずかしいのだなと、少し勝ち誇れるから」(24歳/情報・IT/営業職)

直接ではないほうが次に会う楽しみにもなっていいのだそう。また考える時間も設けられるので助かる、という意見も見られました。

■積極的な女性が苦手

・「肉食系は、苦手。まわりが、世話を焼いてくれる位がいい」(38歳/医療・福祉/販売職・サービス系)
・「直接こられると引いてしまうことがある」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「控えめな女性のほうが好きだから」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

積極的すぎるとちょっと……という意見や、男としては最終的には自分からアプローチしたいという意見も見られました。

■まとめ

アプローチされていることをまわりに知られたくない、という意見もあれば、友人を介すことでもし断る場合でも断りやすいという意見などさまざまな回答が見られました。また本人からアプローチされたいという人の中でも、友人に頼んで事前リサーチをするくらいであればOKという意見もあったので、気になる相手はいるけどアプローチはちゅうちょしているという場合は、共通の知り合いなどに相談してみるのもいいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数387件(22〜38歳の働く男性)