う、うぜーーー!! ドン引きした「SNSでの結婚報告」6つ

写真拡大

最近では、結婚したことをSNSで報告するカップルも多いですよね。おめでたいことではありますが、あまりにも見る人の気持ちを考えない投稿内容だと、複雑に思えてしまうこともあるのでは。そこで今回は、女性がドン引きした「SNSでの結婚報告」について、こっそり暴露してもらいました。

■過度なラブラブアピール

・「ラブラブアピールをしすぎるのはいらないなって思う」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「ラブラブすぎる写真を載せる。すごいなと思った」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

結婚したからといって、あまりにも度が過ぎたラブラブアピールの投稿が流れてくると、ドン引きしてしまうという女性も。ラブラブなのはいいことですが、読む側が不快にならないか、投稿前に再度確認する必要がありそうです。

■独身者に対して上から目線

・「独身の友だちがたくさんいるのに結婚できてよかった、と書かれていたことです」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「幸せアピールで、負け組に対する上から目線の態度がイラッとくる」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

年齢によっては、まわりがまだまだ独身者ばかりという人もいるでしょう。結婚したいのにできない友だちもいるかもしれません。そういう人たちに気を使えない、上から目線の内容は、イラッとされてしまう傾向がありそうですね。

■指輪のブランドを載せる

・「指輪のブランドを書いて写真を載せる。べつに誰も知りたくない」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

大好きな彼からプロポーズにもらった大切な指輪。自慢したくなるのはわかりますが、指輪のブランドまで書かれると「そこまで知りたくないし!」とドン引きされてしまうことも。

■キスの写真をアップする

・「キス写真で結婚報告をするSNS」(27歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「キス写真やウエディング写真を何枚も載せての報告には引きました。うざかったし気持ち悪かったです」(24歳/金融・証券/営業職)

新婚で浮かれる気持ちはわかりますが、SNSにキス写真をアップするのはどうなのでしょう。正直、あまり見たくないと思う人もいるかもしれませんね。

■婚姻届の写真をアップする

・「婚姻届の写真を掲載しての報告。住所や戸籍など、隠すことなくそのままアップしてしまう報告」(31歳/その他/販売職・サービス系)

・「婚姻届や指輪して手を重ねた写真をアップする人たち」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

中には、婚姻届をそのままアップする人もいるようですね。あまりにも浮かれすぎて気づかないのかもしれませんが、個人情報がダダ漏れになってしまうことだけは、覚悟しておいたほうがいいでしょう。

■すでに結婚式が終わった報告

・「仲のいい友だちだけで式をしたという連絡とともに報告」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「仲のいい友だちだと思っていたのに、突然SNSで結婚を知った」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

結婚式をするなら参加したいと思っていた友だちから、いきなりSNSで結婚式が済んだという報告を受けると、微妙な気持ちになりますよね。相手は自分のことを友だちと認識していなかったんだと思うと、今後の付き合いを考えそうです。

■まとめ

SNSでどんな情報を発信するかは、個人の自由。とはいえ、まわりからドン引きされるような投稿は避けたいものです。SNSのマナーを考慮したうえで、みんなが幸せな気持ちになれるような結婚報告を心がけたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月9日〜11月14日
調査人数:115人(22〜34歳の女性)