前田典子さんがハマる「死海の塩」スキンケアは古代からあった?

写真拡大

 モデルの前田典子さんがハマっているという「死海の塩」を使ったスキンケア。死海とは、イスラエルとヨルダンの国境にある塩湖のことで、塩分の濃度がとても高いことで知られています。

 塩分の濃度が高い理由は、世界で最も低い位置にあることと、排出する河川とつながっていないことにあります。この死海に入ると、身体が浮くというのは有名なお話しですよね。

 そんな死海の塩と泥の美容効果は昔から注目されてきました。特に泥はピーリング効果や引き締め効果があるといわれています。あのクレオパトラが「死海の泥が美肌に良い」と知り、恋人マーク・アントニーに死海の周辺を征服するように説得したという伝説すら残っているのです。

 いつの時代の女性も魅了される死海。その死海の塩や泥を使ったスキンケアアイテムの中で、マエノリさんが使っているものの一つが、死海の塩のバスソルト。入浴しながら体をマッサージすると、そのミネラル効果で肌がつるつるピカピカ、しっとりするのだそうですよ!

 ちなみに、マエノリさんの旦那さんも一緒に愛用中なのだそう。死海は現代の美容男子も引き付けてしまったようですね。