Doctors Me(ドクターズミー)- 年々増加する若年性乳がん…通常の乳がんとの違いはあるの?

写真拡大

多くの場合、34歳以下で乳がんと診断された人を若年性乳がんと言いますが、通常の乳がんとの違いはあるのでしょうか?

また治療方法や予後の経過など気になることがたくさんあると思います。

今回は、若年性乳がんについてご紹介します。

要チェック項目


□若年性乳がんは医学的には通常の乳がんと同じ
□遺伝や食生活により若年性乳がんになる可能性が高くなる
□早期発見であれば危険性は少ない

若年性乳がんとは

若年性乳がんというのは、名前の通り若い人がなる乳がんであり、多くの場合34歳以下で乳がんを発症した人のことを若年性乳がんに分類します。

時に妊娠や出産によって、40歳以上になっても若年性乳がんと診断されることがあります。

一般的には、若年性乳がんも通常の乳がんも医学的な病気のくくりとしては同じ症状です。

とはいえ、年齢が若いという事で、病気の進行に影響を与えることが多く、このように通常の乳がんとは区別をつけて名称を付けています。

若年性乳がんと通常の乳がんの違い

先に紹介した通り、医学的な見地から言えば若年性乳がんであっても通常の乳がんであっても同じ病気と言えます。ですが、若い人がなるからこそ病状にも影響が出てきます。

発症年齢


一般的に乳がんになりやすい年齢というのは、40〜50代の人が乳がんになりやすいです。そのため、20代や30代で乳がんになると若いとされています。

進行が速い傾向がある


若い人というのは、細胞の成長や新陳代謝が早いです。がんというのは、細胞が成長しすぎることによりできるものです。ですから、若い人ががんを発症してしまうと、がんの進行速度も通常に比べて速くなります。

手遅れな場合が多い


これは病気そのものよりも、ある意味習慣や制度的な問題でもあります。最近こそ提唱されていますが、若い人はあまり熱心にがん検診をする人が少ないです。

そのため、気づいた時には、ステージが進んでいることが多く、手遅れな場合が多いとされています。

転移する可能性が高い


若年性乳がんの場合、湿潤がんであることが多く、リンパ節への転移の確率が高いです。

どのような人が若年性乳がんになるのか

乳がんは、女性ホルモンによる影響が原因であることが多いのですが、特に発症しやすい人というものはなく、誰にでも発症しうる病気です。

ですが、若年性乳がんというのは、ある一定の条件により、がんを発症しやすい人がいるといわれています。

遺伝


両親や親類の中で、乳がんを発症した人がいる場合、乳がんになりやすい因子を持っていると考えられています。そのため、早期に乳がんを発症する可能性が高いとされています。

食生活


日本人は戦後がんの発症率が高くなったといわれています。食生活の欧米化や、大量のアルコール摂取、暴飲暴食といった食生活の乱れにより、乳がんが発症しやすくなります。

初潮が早い人


初潮が早い人というのは、若いうちから女性ホルモンが多く分泌されています。若いうちから女性ホルモンで満たされることにより、通常より早く乳がんが発症する可能性が高くなります。

若年性乳がんの治療法

若年性乳がんであっても、治療自体は通常の乳がんと同じ方法が取られます。

外科手術によるがん細胞の除去や放射線治療、化学療法、ホルモン療法などにより、がんの治療を行われます。あまりに乳がんが進行している場合は、乳房の全摘出も考えられます。

可能な限り年齢を考慮する


女性にとって、乳房を全摘出するというのは、非常に酷な事です。ですので、若年性乳がんの場合、進行度合いによりますが可能な限り乳房を温存するように治療を行います。

また、乳房を全摘出されてしまった場合でも、乳房を復活させるための形成手術を行うことが多いです。

乳房温存術の場合


乳房を温存する場合は、いきなり手術をしてがん細胞を除去するのではなく、薬物療法を試みて、がん細胞を小さくしてから外科手術を行うのが一般的です。

若年性乳がんの治療の予後

若年性乳がんの場合、進行が速いということと、転移する可能性が高いという事で、術後も慎重な経過観察が必要です。

軽度の乳がんであった場合は、比較的予後はいい方向に向かうといわれています。そのため、早期発見は本当に重要な事なのです。

リンパ節への転移が要因


もし、若年性乳がんになったとしても、リンパ節への転移が確認されなければ、予後も比較的安心とされています。

とはいえ、通常の乳がんと同じくらいの経過観察は必要ですが、それでもかなり完治の可能性が高いです。

リンパ節へ転移していると、さらなる遠隔転移により命の予断を許さないがんを発症する可能性があるので注意が必要です。

若くても定期的な健診を

今回は、若年性乳がんについてご紹介させていただきました。

若年性乳がんは、誰にでも起こりうるものではありますが、今回ご紹介した要件に当てはまる人は、がんを発症する可能性が高いです。

若いからと安心するのではなく、若いうちだからこそ、定期的に乳がん検診をするようにしてください。

早期発見であれば、通常の乳がんと同程度です。ぜひ皆さんも、検診を受けるようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)