キム・サンジュン&キム・ガンウ&チュウォン出演映画「特勤」オンライン累計再生回数2000万回を突破!

写真拡大

韓国SFブロックバスターの新紀元ウェブムービー「特勤」(監督:キム・ゴン、制作:Moon Watcher) がNAVER tvcastを通じて第4話まで全て公開された後、好評と共にウェブ漫画を含めオンライン総合再生回数2200万回を突破した。

NAVER tvcastで10月21日から11月1日まで合計4話にかけて公開された「特勤」は、公開されるたびに話題を集めた。その結果「特勤」関連映像でNAVER tvcast、YouTube、Facebookなど累計再生回数1500万回を突破し、熱風を実感させている。「特勤」が記録した再生回数1500万回は、韓国限定で公開されたオンラインコンテンツとしては異例の数値だ。ウェブムービーとストーリーを連携し、NAVERで連載中のウェブ漫画「特勤」も累積クリック数700万回を越えた。

「特勤」は怪物によって占領された韓国を背景に、特殊要員たちの反撃と死闘を描いたSF追撃アクション大作だ。長編映画への可能性を開き、34分ほどのパイロットウェブムービーの形態でオンラインで先行公開する新概念プロジェクトだ。ウェブムービーとストーリーを連携したNAVERの金曜ウェブ漫画「特勤」は、第7話まで公開され独自のクロスオーバーコンテンツの誕生を知らせた。

キム・サンジュン、キム・ガンウ、チュウォンの完璧なコンビネーションはもちろん、世界的に注目されていた新鋭キム・ゴン監督の演出、ここに「バトル・オーシャン/海上決戦」「10人の泥棒たち」など忠武路(チュンムロ:韓国映画界の代名詞) 最高のスタッフが合流し、韓国映画史上初の“生命体”と“追撃”を混合した新しいジャンルの映画が完成した。「特勤」の全編とメーキング映像はNAVER tvcastで見ることができる。