FC東京の久保建英【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は、今月末から行うU-19代表のアルゼンチン遠征に向けた招集メンバー23名を24日に発表した。

 FC東京U-18所属のFW久保建英は、15歳にしてU-19代表入りという異例の"飛び級"で初選出。19歳の選手が14人、18歳以上の選手が20人を占めるメンバーの中に、唯一の中学生として名を連ねることになった。

 この年代のU-19代表は、今年10月のAFC U-19選手権で優勝を飾り、来年のU-20W杯出場権を獲得している。さらに、2020年にはU-23代表として東京オリンピックを戦うことになる世代だ。FC東京所属の久保にとっては、"地元"での開催となる五輪の出場に向けて大きな一歩を踏み出した形だ。

 U-19代表は今回の遠征で、12月5日と7日にU-19アルゼンチン代表との2試合の国際親善試合を予定している。招集された23名のメンバーは以下の通り。

▽GK
小島亨介(早稲田大)
山口瑠伊(ロリアン)
若原智哉(京都サンガU-18)

▽DF
板倉滉(川崎フロンターレ)
浦田樹(FC琉球)
中山雄太(柏レイソル)
岩田智輝(大分トリニータ)
町田浩樹(鹿島アントラーズ)
藤谷壮(ヴィッセル神戸)
舩木翔(セレッソ大阪U-18)
橋岡大樹(浦和レッズユース)

▽MF
坂井大将(大分トリニータ)
三好康児(川崎フロンターレ)
長沼洋一(サンフレッチェ広島)
市丸瑞希(ガンバ大阪)
遠藤渓太(横浜F・マリノス)
黒川淳史(大宮アルディージャ)
原輝綺(市立船橋高)
渡辺皓太(東京ヴェルディユース)
冨安健洋(アビスパ福岡)

▽FW
和田昌士(横浜F・マリノス)
小川航基(ジュビロ磐田)
久保建英(FC東京U-18)

text by 編集部