振られたほうが次の男にイケる?好きな人との別れは自分磨きの最大のチャンス!

写真拡大



誰でも好きだった相手とお別れするときは苦しいものです。

このたびハウコレが行った女子のホンネに迫ったアンケート“Q.別れるときに「振る」のと「振られる」のってどっちがいい?”では61.8%の女子が「振るほうがいい」という結果になったものの、振るよりは振られる方を望んでいる女子から多くのコメントが寄せられました。

しかも“振られることを選ぶ女子”は決してネガティブな気持ちからではなく振られたほうが次の恋に積極的に行けると考えているのです!

振られたほうがいい派女子の本心を覗いてみましょう。

■1.罪悪感がないから次にいきやすい!

「自分から振ると罪悪感が残っちゃってダメ。振られた方がすぐ次にいける」(22歳/女性/医療福祉)

「振るときの罪悪感がすごいから」(23歳/女性/官公庁)

「自分のことだけを考えてればいいから。振るときは相手のことも考えないといけないから」(21歳/女性/専門学校生)

「罪悪感なくすぐに違う恋にいけるから(笑)」(20歳/女性/通信)

「振るのは、相手の気持ちを考えて別れたあとも申し訳なく思っちゃう。振られる方が、次に行けるかな」(16歳/女性/高校生)

相手を傷つけずにすむし、振られたほうが“気が楽”と考える女子は多数。また自分が振られるケースは別れたあとに面倒なことになりにくいともいえます。

「別れたあとに悪者扱いされたり、ストーカー紛いなことをされにくいと思うから」(23歳/女性/学校教育関連)

確かに、振られた相手が逆恨みしてしつこくしてくることはあっても振った相手ならストーカーにはなりにくいですよね。トラブルに巻き込まれたくないなら振られることもデメリットばかりとはいえません。

■2.「見返したい」という思いから前に進める

「振るのは優越感あるけど、振られると見返したくて自分磨きに走るから結果的にはいいかな」(32歳/女性/不動産)

「いつか見返してやるっていう気持ちになって、前へ進めるから」(19歳/女性/大学生)

「最初はショックを受けるだろうけど、きっとそのあと見返してやろうと自分磨きに専念しようと思える」(22歳/女性/医療福祉)

「すっぱり諦めがつく。きれいになって見返そうと前向きになれる。不思議と新たな出会いも増える」(28歳/女性/美容)

振られたことで“ナニクソ精神”が芽生えるもの。「キレイになって見返してやる」「幸せになってやる」という思いが湧き上がってくるのです。悔しさや悲しみのエネルギーをうまく転化させることでさらに女に磨きをかけて自信を持って次の恋に向かうことができるのです。

■3.振られたほうが後悔しない!

「振られたら諦められるから。振って後悔したことがある」(19歳/女性/大学生)

「振られた方が踏ん切りがつきやすい。無責任だけど自分から振ったくせにこの選択は合ってたのかなと思うことがある」(25歳/女性/医療福祉)

「自分が振った方が後悔することが多い」(20歳/女性/フリーター)

「振ったら別れたあとに後悔するから。別れた寂しさと別れる決断をしてしまった自分への後悔でヨリを戻したくなっちゃう」(19歳/女性/大学生)

「振られる場合は、切り替えて前に進むだけだけど、振った場合は、相手を傷つけたことを気にしたり、元気かどうか気になったりしちゃう」(22歳/女性/大学生)

以外にも多かったのが「振ってしまったら後で『振らなきゃよかったかも』と後悔してしまいそう」という女子のホンネ。自分で出した別れ話をなかったことにはできません。失ったあとで彼の良さに気づいても後の祭り……。自分から振ってしまったらやり直しがきかないのです。

■4.自分の悪いところを直せるから!!

「一方的に言うより、言われる方が自分の悪かったところを見直せるから。相手から見て、自分はどんな感じだったのかが分かるから」(18歳/女性/高校生)

「自分のダメなところとか見えてくるし、次の恋で活かせそう」(19歳/女性/大学生)

「自分の何がいけなくて、何が原因で別れるのかが聞けるから」(17歳/女性/高校生)

「成長できる」(39歳/女性/その他)

「嫌われて短所に気づくのと同じで、ふられた原因が分かれば次の恋愛で失敗しないようになると思うから」(18歳/女性/高校生)

なんとも前向きな意見でしょうか。いつまでも今のままの自分にしがみつかずにレベルアップさせようという魂胆です。振られた原因を知り反省点を有効利用する女性が、次にステキな恋ができないはずはありません。

■【最後に……神崎桃子から愛のメッセージ】

恋が終わるときは本当にツラいものです。ですが、心に傷をおい、痛手を味わったことは決して負ではありません。失敗や経験こそあなたの人生の糧になるのです。好きな人との別れは相手でなく“自分自身を見つめ直す最大の機会”なのです。

その機会をフルに活かして次の恋をアップデートしちゃいましょう。(神崎桃子/ライター)

(ハウコレ編集部)