MAMA側、中国の“韓流締め出し”に言及「上手く乗り越えるために努力中」

写真拡大

音楽コンテンツ部門のシン・ヒョングァン部門長が韓流コンテンツの輸入を禁止する“限韓令(韓流締め出し)”に対する厳しさと克服する方法に関して説明した。

24日の午後、ソウル上岩洞(サンアムドン) CJ E&Mセンターでは「2016 Mnet Asian Music Awards」(以下「MAMA」) の記者懇談会が行われた。

この日、シン・ヒョングァン部門長は最近、話題になっている限韓令に対して「人が行かない道を歩もうと頑張ってきた。時間が経ってしまったり、多数の問題は常にあった。そのようなこともショーを作る過程の一部だ。香港にいるパートナーたちと共に上手く乗り越えるために努力している」と話した。

続いて「世界的なアーティストとのコラボレーションは、韓国の音楽を知らせるという大きな方向性を持って始まった。この過程で多様なノウハウができた」とつけ加えた。

12月2日、香港・ASIA WORLD-EXPOで開催される今回「2016 MAMA」にはEXO、防弾少年団、SEVENTEEN、GFRIEND、TWICE、I.O.I、NCT DREAMなどが出演する。