写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ディズニーランド(千葉県浦安市)のアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」が、開園35周年を迎える2018年春に大幅にリニューアルすることが24日、明らかになった。ディズニー映画に登場するキャラクター約40体や、ディズニー映画の音楽が新たに追加となる。

「イッツ・ア・スモールワールド」は、開園当初から人気のアトラクション。ゲストはボートに乗り、世界各国の子どもたちや動物たちに迎えられながら、"世界で一番幸せな船旅"を体験できる。旅はヨーロッパからスタートし、アジア、アフリカ、中南米、南太平洋の島々などをめぐり、フィナーレでは、世界中の子どもたちがテーマ曲である「小さな世界」を仲良く合唱する。

同アトラクションの大幅リニューアルは、オープン以来初めて。ディズニー映画に登場するキャラクター約40体が加わるほか、映画の名シーンを彷彿させる音楽が「小さな世界」の曲に織り込まれる。

旅の始まり、ヨーロッパのスカンジナビアには、『アナと雪の女王』のエルサ、アナ、オラフが登場。このほか、ヨーロッパでは、『ふしぎの国のアリス』や『シンデレラ』、『ピーター・パン』、『塔の上のラプンツェル』など、アジアは『ムーラン』や『アラジン』、そしてアフリカでは『ライオンキング』などのキャラクターが加わる。

なお、リニューアルに伴い、「イッツ・ア・スモールワールド」は2017年3月1日よりクローズとなる。

(C)Disney