竹内涼真、飯島寛騎、西銘駿ら新旧ライダーたちが共演

写真拡大

『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー』(12月10日公開)の完成披露上映会舞台挨拶が、11月24日に新宿バルト9で開催。新旧ライダーたちをはじめキャスト陣16名と坂本浩一監督が登壇した。

【写真を見る】サプライズ登場の竹内涼真に歓声があがった

「仮面ライダーエグゼイド」からは飯島寛騎、瀬戸利樹、松本享恭、岩永徹也、松田るか、小野塚勇人、甲斐翔真、野村宏伸が、「仮面ライダーゴースト」からは西銘駿、大沢ひかる、山本涼介、柳喬之、磯村勇斗が登場した。また、「仮面ライダーウィザード」の白石隼也のビデオメッセージが流された後、「仮面ライダードライブ」の竹内涼真がサプライズゲストとして現れ、会場を沸かせた。

竹内は「仮面ライダードライブ」のキメ台詞「ひとっ走りつきあえよ」を放つと観客は大興奮。「白石さんは?」と尋ねられると「悪天候で今日はお休みです」と言って笑いを取った。竹内は「また新しい気持ちでドライブを演じられたのは良い刺激になりましたし、とても楽しかったです」と笑顔を見せた。

後輩ライダーである西銘は「最初にLINEが来て、めっちゃうれしかったです。1年間成長する姿を先輩に見せたいなと思って」と大興奮だ。竹内は西銘演じる「仮面ライダーゴースト」のキメ台詞「命燃やすぜ」を放った後、「西銘くん、本当に格好良かったです」と称えた。

いちばん後輩ライダーである「仮面ライダーエグゼイド」の飯島は「歴代ライダーさまと」と緊張しながら言うと、竹内は笑いながら「さまって(笑)」とツッコむ。「先輩ライダーさまと共演できてすごく刺激を受けました。テレビで見る存在でしたから。いっしょに変身できて感動しました」とうれしそうに語る。

西銘も「本当にテンション上がるんですよ。わかりますか、このうれしさ。先輩のアクションシーンがあると聞いて残って見たんですが、本当に仮面ライダーだなと思いました」と言うと、竹内は「あなたも仮面ライダーだよ」とツッコミを入れ、会場は大爆笑となった。

『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー』は、ゲームをモチーフにした「仮面ライダーエグゼイド」と、英雄の力を借りて戦う「仮面ライダーゴースト」という2人の仮面ライダーが、平成ライダーたちと共演する作品となっている。【取材・文/山崎伸子】