Doctors Me(ドクターズミー)- 心臓が痛いときの気になる原因 ストレスや過労を抱えている方は要注意!

写真拡大

心臓が止まってしまえば、命もそこでストップしてしまうだけに、心臓に痛みを感じる時は誰しも大きな不安を抱くはずでしょう。

症状から原因を推測し、適切な治療を受ければ、その不安を取りのぞくことができます。

痛みのタイプ別に、考えられる疾病をチェックしていきましょう。

要チェック項目


□激しい運動の後の痛みは、狭心症や心筋梗塞なども
□ストレスや過労も心臓が痛む原因に
□自己判断だけで放置せず、医師の診断を受けることを忘れずに

心臓の疾病は胸の奥の強い痛みが特徴

胸の奥が焼け付くように痛む、締め付けられるように鈍く痛む‐。特に、階段の上り下りなど急に激しい動きをした時、お風呂から寒い脱衣所に出た時など、心臓に負担のかかりやすい状況で痛みが起こる。

そんな時は狭心症や心筋梗塞など、心臓の疾患を疑ってみましょう、

狭心症


心臓をとりまく冠動脈は、鼓動を打つエネルギーを送り込むはたらきがあります。この冠動脈の内側にコレステロールがたまり、血行を阻害されてしまいうのが狭心症です。

心房細動


心房細動は女性より男性の方が発症しやすい疾病です。鼓動を打つために心臓に送り届けられる信号が乱れ、けいれんのような震えや不整脈を引き起こします。

心筋梗塞


冠動脈が詰り、その先にある心筋が壊死してしまう病気です。狭心症よりさらに強い痛み、締め付けられるような感覚が30分以上続きます。

顔面蒼白や冷や汗といった症状も見られますので、すみやかな処置が必要です。

検査では分からない心臓神経症

ズキズキ、チクチクした痛み、胸苦しさはあるのに、検査を受けても心臓に異常が見つからない。そんな時は心臓神経症のような、心臓以外の要因を疑った方がよいかもしれません。

心臓神経症


ストレスや過労が続くと自律神経の働きが乱れ、常に心身が興奮した状態になってしまいます。それが動悸や胸苦しさ、胸の痛みといった症状になってあらわれてくるのです。

「自分は心臓病ではないか? 」という不安を持ち続けることで、狭心症によく似た強い痛みを感じてしまうこともあります。

内科や循環器科の検査で異常が見られなかった場合、心療内科を受診するとよいでしょう。

「気の持ちようでなんとかなる」と無理を重ねると、不眠や気持ちの落ち込みといったさらなる不調を招き、うつ病につながる可能性もあります。心身の休息と、専門機関への受診を考えましょう。

生理前


生理前にも心臓の痛みが起こることがあります。ホルモンバランスの乱れによって胸全体に痛みや張りが生じるのです。PMS(月経前症候群)の可能性もあるので、婦人科の受診をおすすめします。

咳をともなう痛みは気胸の可能性も

なんとなく痛いと感じる程度から、ズキリとする痛みまで、人によって感じ方は様々ですが、乾いた咳をともなう胸の痛みは気胸の可能性があります。

咳やくしゃみの瞬間、特に痛むのが特徴です。

自然治癒してしまうこともありますが、より重篤な急性心膜炎の可能性もあるので、すみやかな受診を心がけましょう。

気胸


肺に穴があくことで、体内に空気がたまってしまう状態です。ケガや病気がなくても肺に穴ができることもあり、自然気胸と呼ばれます。10〜30代のやせ形の男性に多く見られます。

息の詰まる感覚も気胸の特徴です。

肋骨の骨折や筋肉痛の場合も

心臓や内臓を取り囲む肋骨は意外と、簡単に微細な骨折を起こしてしまいます。ゴルフなテニスなど身体をひねる動きの多いスポーツをした時や、大きなくしゃみによって起きることも。

骨折した瞬間は痛みを感じなくても、後になってから疼痛が出てくることもあります。整形外科の診察を仰ぎましょう。

大胸筋の筋肉痛も、心臓の痛みとよく間違えられます。腕立て伏せや、ベンチプレスといったベーシックな筋トレの後でジンジンとした痛みを感じたら、筋肉痛の可能性もあります。

帯状疱疹ならピリピリとした痛み

ここまで、内臓、脳、ホルモン、筋肉と様々な部位を原因とする心臓の痛みを見てきました。

もうひとつ、皮膚も忘れてはいけません。身体の左側にピリピリとした疼痛を感じたら、帯状疱疹の疑いもあります。

帯状疱疹


水ぼうそうと同じウイルスが引き起こす病気です。普段は悪さをしないウイルスですが、ストレスや疲労で体力が落ちている時に出やすくなります。

身体の左右どちらかに集中してあらわれ、肋骨に沿って発疹ができます。左半身に発症した時、心臓の痛みと勘違いされることもあります。

塗り薬だけでなく投薬治療が必要になってくるので、早めに皮膚科を受診しましょう。

病院の「ポータル」となる総合内科

冷や汗の止まらない激しい動悸は、狭心症や心筋梗塞といった生命にかかわる疾病の可能性があります。ためらわず救急車を呼びましょう。

総務省消防庁の「こんな時は、すぐ119番 救急車利用リーフレット」も参考にしてください。

これまでご紹介したように、心臓の痛みといっても原因はさまざま。内科をはじめ、呼吸器科、整形外科、皮膚科などどの科に受診してよいのか分からなくなってしまうかもしれません。

そんな時は、まず心療内科を受診するのもひとつの方法です。

心療内科の医師は、精神病だけを治療するわけではありません。血液検査やCTなどの検査で内科的要因をさぐりつつ、問診や心理テストによって心の問題もさぐっていきます。

医師、看護師がカジュアルな服装をしており、病院らしい堅苦しさを感じさせない心療内科もあります。

専門的治療を受ける前の、ポータル(玄関口)のような存在として心療内科を利用してみてはどうでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)