イ・ジョンヒョク、映画「斜線で」に合流が決定…豪華出演陣に期待高まる

写真拡大

多彩な演技活躍で愛され続けている俳優イ・ジョンヒョクが、映画「斜線で」(仮題) (監督:ノ・ギュヨプ) への出演を確定させた。

映画「斜線で」は、1986年分断の都市ベルリンを背景にそれぞれ異なる目標を追い、彼らの家族を取り戻す一人の男の死闘を収めた作品で、イ・ボムス、ヨン・ウジン、パク・ヒョクグォン、パク・ジュミなどと共演する予定だ。

イ・ジョンヒョクは劇中、北朝鮮高位幹部チェ・キチョル役を担った。今回の作品を通じて、血も涙もない冷酷で残忍な人物に変身し、強烈でカリスマあふれる演技でこれまでにない一面を公開する予定である。

2016年、舞台やテレビ、スクリーンを行き交い多忙な一年を送ったイ・ジョンヒョクは、「ママのノート:記憶のレシピ」に続いて再びスクリーンに出ることになり、大衆と観客にどんな姿を見せるのか期待を集めている。

演技派俳優まで結集して話題を集めている映画「斜線で」は、イ・ジョンヒョクの合流でより一層豪華な実力派出演陣のラインナップを確保し、来年観客の前に出る予定だ。