11月24日、赤坂プリンス クラシックハウスにて「VOGUE JAPAN Women of the Year 2016」の授賞式・記者会見が行われ、女優の木村佳乃さんや高畑充希さん、芸人の渡辺直美さんらが、個性豊かなドレス姿で登場しました。


(c)Nosh

「VOGUE JAPAN Women of the Year 2016」は、2016年さまざまな分野で圧倒的な活躍を見せた女性を讃える、雑誌「VOGUE JAPAN」が選出する賞です。

2016年は、木村さんらのほかに、安藤サクラさん(女優)、金藤理絵選手(競泳)、小池百合子さん(都知事)、高田茜さん(バレリーナ)、村田沙耶香さん(作家)が受賞しました。


(c)Nosh

木村さんは、迫力の黒のイブニングドレス姿で登場。


(c)Nosh

さすがのオーラ&輝きで場を圧倒していました。

木村さんは、「私と“VOGUE”との出会いは14歳のとき。アメリカに住んでいてアメリカ版“VOGUE”を毎月買って見るのが楽しみで、私の憧れでした。まさか自分が受賞できるとは思っていなかったので今日とてもうれしいです」と美しい笑みを見せます。


(c)Nosh

今年でデビュー20周年、プライベートでは2児のママの木村さんの子育てと仕事の両立が気になるところ。

木村さんは、「両立は永遠のテーマですよね。本当に大変だし、毎日迷いながらこれでいいのかなって一歩一歩前に進んでいる感じで、まだまだ駆け出しママなので勉強中です」と、奮闘していると明かしていました。

一方、同じ黒を基調にしながらも、かわいらしいワンピース姿で現れたのは高畑さん。


(c)Nosh

今年はNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の出演や、岩田剛典さんとのW主演作『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』などで、その名が広く知れ渡った印象です。

そんな高畑さんは、今年を漢字1文字で表すならと尋ねられ、「“帰”です」と回答。「今年は目まぐるしかったので、逆にすごく近い人とかに愛されているという実感や、心配してもらえたりすることが多くて。だから、元いた場所に“帰”った1年だったと思います」と、充実の表情で振り返っていました。


(c)Nosh

一方で、日本でのInstagramのフォロワー数第1位を爆走し、老若男女に好かれている渡辺さんも堂々の受賞!


(c)Nosh

カラフルな紫のドレスを纏った理由を聞くと、「今回、皆さんすごく美しいドレスを着ると思ったので、POPな感じにしてサイズもないので、自分で作りました(笑)。気合いが入りすぎて、胸のレースが破れたんですけど、おしゃれな感じになったと思います」と、ハプニングさえネタにして、集まった報道陣を笑わせてくれました。

【関連記事】

※ トレンディエンジェルが伝授!忘年会で必ずウケる一発芸

※ 中村アンに学ぶ!Ladyに着こなす冬のユニクロコーデ術

※ 菅田将暉、多忙な2016年を振り返るも「意外と休みある」と笑顔

※ 人気俳優・鈴木亮平がおすすめする冬のデートコース

※ 小島瑠璃子がオススメする冷え性対策