<ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ 初日◇24日◇キングストン・ヒースGC(7,111ヤード・パー72)>
 本日24日(木)より「ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ」がオーストラリアにあるキングストンヒースGCで開幕を迎えた。前半を3オーバーで折り返した松山英樹と石川遼が後半を3バーディ・1ボギーでラウンド。1オーバーでフィニッシュし2日目を迎える。
 
代表選手と親睦を深める石川と松山
 
 6番パー3でダブルボギーを叩くなど、前半を3オーバーで折り返した松山と石川は、後半出だしの10番パー4、松山が約100ヤードの距離からセカンドショットをピンそば50cmにつけ、この日2つ目のバーディを奪う。
 その後は14番でボギーを叩くも、続く15番パー3では石川がカラーから5mのバーディパットを沈めバウンスバック。16番パー4も再び石川が10ヤードの距離を沈め、今大会初の2連続バーディで追い上げを見せた。 
 この日の第1ラウンドと第3ラウンドは、1つのボールを交互に打つ「フォアサムダブルス」、明日の第2ラウンドと最終ラウンドは、それぞれのボールをプレーし、ペアで良い方のスコアを採用する「フォーボール」形式で行われる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ヨシくんMEMO #6】
豪州チーム&メディアも日本チームを警戒、“足跡”にまで注目!?
豪州のゴルフジャーナリストが語る、“ヒデキとジャンボ”
松山英樹、結果を出したドライバーを使い続けるのか?