SUPER JUNIOR イェソン、日本での初ソロコンサートが成功裏に終了…自身の音楽カラーを見せつける

写真拡大 (全2枚)

SUPER JUNIORのイェソンが初の日本ソロコンサートツアーを盛況のうちに終えた。

イェソンの日本ツアーコンサート「SUPER JUNIOR-YESUNG JAPAN TOUR 2016〜BOOKS〜」は9月1日大阪を皮切りに、名古屋、横浜、石川、広島、福岡を経て、最後の公演場所の東京で華やかにフィナーレを飾り、全国7都市で16回に渡って開催された。イェソンが初めて披露する日本ツアーであるだけに、チケット販売開始前から話題を集め、高い人気を実感させた。

10月19日に日本で発売した1stソロシングルの収録曲「Let Me Kiss」でコンサートの幕を開けたイェソンは、「Confession」「My Dear」など1stソロアルバム「Here I Am」の収録曲を歌い、現地の観客たちから熱狂的な反響を得た。また、一青窈の楽曲で、SUPER JUNIOR-K.R.Yがカバーした「ハナミズキ」もソロで歌い、会場の雰囲気をさらに盛り上げた。

また、イェソンは音楽ファンから大きな支持を受けた「Gray paper」「It Has To Be You」などドラマOST(劇中歌) をはじめ、「THIS IS LOVE」「MAMACITA(ママシータ・アヤヤ)」などSUPER JUNIORのヒット曲メドレーまで18曲のステージで多彩な公演を披露し、感覚的なステージ演出とイェソンならではの感性溢れる音楽カラーが合わさったコンサートで、ファンたちを完璧に魅了した。

イェソンは日本で公開した初の主演映画「いきなり先生になったボクが彼女に恋をした」をはじめ、10月に発売されたソロシングル「雨のち晴れの空の色」、初の全国ソロコンサートツアー「SUPER JUNIOR-YESUNG JAPAN TOUR 2016〜BOOKS〜」まで成功裏に終え、韓国に続き日本でもソロアーティストとしての存在感を高めており、今後の活躍にさらに期待を高めている。