紫雨林 キム・ユナ、4thソロアルバム「他人の苦痛」12月8日に発売…同名のコンサートも開催

写真拡大

紫雨林のキム・ユナが活動をスタートする。

キム・ユナは来月8日に4thソロアルバム「他人の苦痛」を発売し、同名のコンサートを開催する。所属事務所であるINTERPARKはアルバムのタイトルが書かれた公演のポスターを公開した。

公開されたポスターには神秘的で夢幻的な写真と「他人の苦痛」という強烈な文字が視線を引きつける。

今回のアルバムについて所属事務所のINTERPARKは「キム・ユナの新しいアルバムは、より一層深まった彼女の世界観を美しく繰り広げた秀作だ。彼女がこれまで発表したアルバムを上回る、最高のアルバムになると思う」と明かし、期待を高めている。

キム・ユナは今年4月から100日置きに「キリエ」「アンニョン」「ガラス」を発売してきた。この曲が全て収録されたニューアルバムは12月8日に発売される予定で12月9日と10日、11日に新韓カードFANスクエアライブホールにてアルバムの発売を記念する単独コンサートを開催する。単独コンサート「他人の苦痛」のチケットは販売開始から2分で売り切れ、ファンから追加公演の要請が殺到している。

キム・ユナはアルバムの発売とライブを皮切りに精力的に活動する予定だ。