「キシュメシ!」に登場したミルコ・デムーロ騎手(右)と、ナビゲーターのLilme(左)/(C)YTV

写真拡大

毎週金曜、読売テレビにて放送中のミニ番組「キシュメシ!」。最終回となる11月25日(金)には、外国人として初めてJRA所属騎手となったミルコ・デムーロ騎手が登場する。

【写真を見る】大好物だけあって、納豆を混ぜる手つきも手慣れたもの?/(C)YTV

同番組は、プロスポーツ選手の中でも特に徹底した体重管理を求められる競馬の騎手たちが、普段どのような食生活を送っているのか紹介するもの。ナビゲーターとして毎週現役モデルが登場し、美容と健康に役立つ情報も盛り込むなど、競馬になじみがなくても楽しめる内容となっている。

これまで登場したトップジョッキーたちの最後を飾るデムーロ騎手は、'94年からイタリアで騎手として活動を開始。日本の競馬には'99年からJRAの短期免許制度を利用して参戦しており、数々のG1レースを制してきた。'15年3月からは念願のJRA所属騎手となり、拠点も日本に移して活躍中だ。

そんなデムーロ騎手の「キシュメシ」は、日本人でも苦手な人が多い納豆。妻・マルティーナさんが作るみそ汁や焼き鮭など、和食と一緒に納豆を食べるのが一番お気に入りなんだとか。

今でこそ「レースの前の晩には必ず食べる」ほどの大好物となった納豆だが、来日当初は匂いと粘りが気になり「ちょっとやだね」と思っていたそう。だが、来日の機会が増え、納豆を食べていくうちにどんどんハマっていったことを明かす。

納豆を食べ続けている理由は「体の調子が良くなるから」。また、「納豆はご飯にかけず、むしろ、納豆をメインにして、ご飯はおかずの感覚」で食べるのが太らないための秘訣(ひけつ)とのこと。納豆好き女子は実践してみては?

その他、「どうしてもおなかが空いたときの対処法」や、マルティーナさんの手料理の話など、放送では紹介し切れなかったこぼれ話も「キシュメシ!」ホームページのスペシャル動画にて紹介。

そちらもぜひチェックしてみよう。