優秀と評判だったフランキーが逮捕 Photo by Rob Kim/Getty Images

写真拡大

 2013年に活動休止を発表した米ディズニー・チャンネル出身の人気アイドルグループ「ジョナス・ブラザーズ」のケビン、ジョー、ニックの弟として知られるフランキーが、マリファナを所持していたとして逮捕された。米TMZなどが報じている。

 現在16歳のフランキーは11月22日夜(現地時間)、米テネシー州ナッシュビルのコンビニエンスストアの前で逮捕された。同市は、今年の9月に少量のマリファナ所持の罰則が軽くなったばかりだった。一家に近い関係者によれば、フランキーはトラブルとは無縁の行儀のいい少年だという。すでに高校を卒業し大学での専攻分野について話していたといい、今回の逮捕劇で自らの行動を猛省している。

 「崖の上のポニョ」英語版の宗介役をはじめとするアニメや映画で声優を務め、カメオ出演などを果たしたものの、本格的にショービジネスの世界に入ることはなかったフランキー。以前PAPER誌のインタビューで、大半の時間は勉学をして過ごしているが、「つまらなくなると(オンライン上で)自分のファンフィクションを読むんだ。奇妙なものばかりだよ」と私生活を明かしていた。