イ・ミンホ&チョン・ジヒョン主演ドラマ「青い海の伝説」視聴率15.7%で水木ドラマの1位をキープ

写真拡大 (全2枚)

SBS「青い海の伝説」が水木ドラマの1位の座をキープした。

視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、23日に韓国で放送された水木ドラマ「青い海の伝説」の第3話は15.7%(以下、全国基準) を記録し、KBS 2TV「オー・マイ・グムビ」の第3話は5.7%、MBC「力道妖精キム・ボクジュ」の第3話は4.4%を記録した。

「青い海の伝説」は前回の15.1%より0.6%上昇し、水木ドラマのうち唯一2桁台の視聴率を記録して1位の座を固めた。第1話は16.4%を記録し、第2話で1.3%下落したが、再び小幅上昇した。

「オー・マイ・グムビ」は前回の6.5%より0.8%下落した。第1話は5.9%で、この日の第3話の記録は自己最低視聴率となった。

「力道妖精キム・ボクジュ」は初めて視聴率が上昇した。第1話と第2話連続で3.3%で視聴率低迷を見せた「力道妖精キム・ボクジュ」はこの日1.1%上昇し、2位の「オー・マイ・グムビ」との差を3.2%から1.3%に縮めた。