■極私的! 月報・青学陸上部 第18回


 第11回世田谷246ハーフマラソン──。

 初優勝の歓喜に沸いた全日本大学駅伝から1週間後の11月13日、青山学院大学陸上部は世田谷246ハーフマラソンで箱根に向けて動き出した。

  世田谷ハーフマラソンは駒沢競技場をスタートし、国道246号線を二子玉川方面に進み、多摩川沿いを走って目黒通りから競技場に戻ってくる21.0975kmのコース。全体的に起伏に富んだコースで、15.4km付近から目黒通りを上がってくるところは厳しい登りとなる。箱根を目指す主要大学はこの1週間後にある上尾シティハーフマラソンにエントリーしているが、原晋監督は「世田谷の方がコースは厳しく、最後に登りがあるので、箱根選考を考えるとこっちがベスト」という考えで、毎年この大会に参戦している。

 エントリー申請した選手は27名。全日本大学駅伝組は安藤悠哉キャプテンをはじめ、主力選手がほぼ参加。ただ、全日本でMVPになった森田歩希と中村祐紀は20日に開催されるオランダでのレースに出場するために相模原キャンパスで練習し、5区で区間賞を取った小野田勇次は元々エントリーしていなかったので、中村祐らとともに調整していた。

 午前8時30分、抜けるような青空の下、陸連登録者男子294名の選手が一斉にスタートした。青学大以外では国士館大学、駒沢大学、日本大学などの選手が出場する中、優勝候補はポール・クイラ(コニカミノルタ)。ケニア出身でハーフマラソンの記録は59分47秒、佐藤敦之の持つ日本記録60分25秒を凌ぎ、相当レベルが高い。青学の選手たちは昨年、中村祐紀が優勝したタイム63分28秒を目標に、できるだけクイラに食らいついていくようにという原監督からの指示が出ていた。ちなみには、安藤と一色恭志、下田雄太、田村和希は1km3分10秒ぐらいのペース走だ。

 選手にとって、この世田谷ハーフマラソンが箱根駅伝を走るための最初の関門になる。この後、11月26日に開催される10000m挑戦記録会で結果を出し、最終的に箱根駅伝登録メンバー(16名)に入らないと、箱根を走ることができないのだ。もっとも箱根の往路を走る主力メンバーと特殊な6区、大事な7区を走る選手はほぼ固まりつつある。残りの8、9、10区を争うことになるのだが、このレースで結果を出せば箱根の椅子を獲得することは可能だ。

 昨年、中村祐はこの世田谷ハーフマラソンで優勝し、箱根(9区)の切符をつかんだ。このレースは現段階で指定席のない全選手にとって大きなアピールの場になるのだ。

 果たして、誰が飛び出すのか。

 期待したのは、全日本で出走メンバーから外れた4年生の秋山雄飛、茂木亮介、田村健人、そして池田生成だ。大学最後のレースとなる箱根にはそれぞれ強い思いを持っているだけに、この世田谷ハーフでその思いを好タイムにつなげられるか。

 また、全日本大学駅伝で3区を走り、原監督に「誤算だなぁ」と言われた吉永竜聖にも興味があった。全日本で快走し、箱根当確の一発回答を得るつもりだったが緊張から思うような走りができず、今回「追試」になっていたのだ。

 スタートしてしばらくして青学の待機所にいると「(鈴木)塁人(たかと)がクイラについている」という情報が入ってきた。その後も場内のアナウンスから10km地点、15km地点と上位を走る選手が紹介される。鈴木はペースを崩さず、2位を快走しているようだ。

 駒沢競技場に入ってくるところで選手を待っていると、クイラに遅れること30秒弱で鈴木がやってきた。額に汗を浮かべ、苦しそうな表情をしながらもペースは落ちない。1年生だが堂々の走りっぷりだ。

 つづいて、吉永が戻ってきた。「はぁはぁ」と苦しそうに顔を歪めて走るが、箱根行きの切符がかかっているだけに粘りの走りで鈴木についていく。

 急いで競技場に戻ると、すでに鈴木らはフィニッシュを切っていた。手元に届いたタイムを見る。
 
 2位:鈴木塁人(1年):62分55秒
 4位:吉永竜聖(3年):63分36秒
 5位:林 奎介 (2年):63分52秒
 6位:池田生成(4年):63分53秒
 7位:吉田祐也(1年):63分55秒
 9位:山田滉介(2年):64分04秒

 青学勢は10位内に6名が入り、トップの鈴木は初ハーフマラソンながら駒沢大学のエースのひとりである西山雄介にも勝ち、62分台を出した。箱根で区間賞を狙える好記録で東海大の1年生軍団にも負けない恐るべきスーパー1年生だ。

 鈴木は満面の笑みを浮かべていた。

「試合直前に監督から、マネージャーの小関さんを通して『突っ込んでポールについていけ!』と言われたので、それだけを考えて走りました。17kmぐらいで西山さんと一緒にポールに離されたんですけど、18kmで2位に上がりました。駒沢公園に入る前、20km付近で足がつりそうになったんですが、ここまで体が疲れた状態で走ったことがなかったのですごくいい経験になりました」

 鈴木は全日本大学駅伝のメンバーから外れていた。出雲駅伝は1区を任され、緊張しながらもうまくまとめて走れた。だが、出雲が終わった翌日の全日本のエントリーには名前が入っていなかった。原監督からは「箱根を目指して世田谷ハーフで結果を出せるように調整しなさい」と言われたという。

「でも、本当は全日本も出たかったです。エントリー前の世田谷記録会(5000m)で13分53秒20の自己ベストを出して、これは全日本当確だなって思ったんですけどね。僕は駅伝が大好きなので、大学駅伝の主要大会3つとも走るのが目標なんです。それには、まだまだ力が足りないので、早く監督に信頼されるような選手になりたいですね」

 鈴木は、この快走で箱根への切符をほぼ手中に収めたといってもいいだろう。ところで個人的に何区を想定しているのか。

「監督から『突っ込んでいけ』という指示が出たということは1区かなと個人的に考えています。自分も1区をずっと想定してきましたし、1区は中学から走ってきたので自分の原点でもあります。緊張はありますが、やりがいがありますよね。最終的には監督が決めることですし、チームの事情もありますから、僕は言われた区間で走るだけです。ただ、1区を想定していれば、どこの区間でも走れると思うので、そのイメージはずっとしていこうと思っています。自分は大舞台が好きですし、その方が力を発揮できるんで、早く走りたいですね」

 言うこともやることも1年生とは思えないスケールの大きさを感じさせる。このまま故障なく順調にいけば、鈴木の1区はほぼ間違いないかもしれない。

 鈴木の快走の陰に隠れた感があったが、吉永の走りも見事だった。

 全日本では緊張が解けぬままスタートし、それが走りにも影響した。肩周辺の筋肉が硬くなり、思ったよりもスピードが上がらなかった。田村和からトップで渡された襷(たすき)を維持できず、早稲田大に15秒差をつけられた。いつもの走りができれば、逆に15秒差以上をつけられると思っていたそうだが、区間5位という結果には本当にガッカリしたという。大会後、原監督から「世田谷ハーフをしっかり走れば、箱根復路の後半区間はいけるからしっかりやれ」と激励され、この日を迎えた。

「全日本でいい走りができなかったですし、そこで箱根を決められなかったので、この世田谷ハーフで監督がもう1回チャンスをくれた感じです。でも、前半に突っ込んだ分、後半登りで足が止まってしまってヤバかったです。そのせいでラスト5kmで塁人と差がついた。結果は......全体4位で学内は2位だから一応合格かなぁ。でも、危なかった。ここを外したら箱根なかったと思うんで」
  
 吉永は、そう言って苦笑した。

 全日本の悔しさを噛み締めて吉永は世田谷ハーフで結果を出した。これで12月の箱根選抜合宿に参加し、椅子取りレースに挑戦する権利は得られただろう。

「箱根は8、9、10区あたりを狙いたいと思っています。それ以外はないですね。往路は主力で固まっているし、6区も下りのすごいのがいますからね。あと1ヵ月半、全日本の疲れが多少はありますが、しっかりと練習を積みつつ疲れを抜いていけば、ハーフ(中間点)はこの世田谷ハーフぐらいのタイムで通過して、あと2、3kmは十分にいけると思います。

 その余裕があるのは夏季合宿が大きいですね。夏に十分に練習をしてきたので今、力になって出てきた。もちろん全日本のリベンジもあります。初めての駅伝で気負った部分があって、最初から突っ込んで苦しくなった。でも、すごくいい経験になったので、その経験を活かしていけば、箱根ではもっといい走りができると思います」

 復路3区間を巡る争いは、すでに激化している。箱根で全日本のリベンジを果たすためには、あとひとつ、ふたつ大きな山がありそうだ。

 福島采(あや)マネージャーが小さなホワイトボードに選手名とタイムを記入していく。見ていると1年生と2年生の頑張りが目立つ。鈴木の2位を始め、吉田は初レースで7位、山田は自己ベスト、富田浩之(2年)は初レースで65分19秒、橋間貴弥(2年)は66分51秒で自己ベストを更新した。

 ちょっと気がかりだったのが期待していた4年生の走りだ。秋山は64分50秒で11位、茂木は65分49秒で17位、田村健は65分54秒で19位だった。特に茂木は出雲を走って優勝に貢献しただけに巻き返しを見込んでいたのだが、なんとなく乗れない感じだ。

「4年がもっと引っ張ってくれないと」

 原監督が不在の中、チームを率いた安藤弘敏コーチが厳しい表情で言う。4年生は経験値が高いので箱根までの流れを把握しており、焦ることがないのかもしれない。だが、やはり上級生がレースでよい走りをするとチーム全体がノってくる。

 出雲駅伝がいい例だ。4年生の快走があったからこその逆転勝利だったし、下級生にはすばらしい走りを示してアッと言わせた。下級生たちの先輩たちに負けないという気持ちに火がつき、全体の力をさらに押し上げて、それがまた全日本の優勝につながった。それは最上級生が元気だからできることである。それゆえ安藤コーチは4年生の走りが気になるのだ。

 幸い、全日本で出雲駅伝ほどの走りができなかった安藤は「全日本で優勝できたし、いつまでも落ち込んでいても仕方ない」と気持ちを切り替えて、「ここからもう一度、自分もチームも盛り上げていく」と明るい表情を見せた。「毎年、全日本の後の1ヵ月ぐらい調子が落ちるんです」という一色も、今のところ好調を維持している。ここから箱根まで4年生がどれだけ右肩上がりでいけるか。それも箱根3連覇のひとつのポイントになってくるだろう。

 世田谷ハーフマラソンは箱根駅伝出場に手応えをつかんだ選手、まだ微妙な選手と明暗が分かれた。箱根までの公式な大会は、11月26日に開催される学連10000m挑戦記録会が最後になる予定。そして、12月上旬には箱根選考合宿がある。箱根駅伝の出走メンバーを決める学内サバイバルは、いよいよ最終局面を迎えることになる。

佐藤 俊●文 text by Sato Shun