日本を訪れた中国人旅行客の多くが、日本の小売店や商業施設におけるサービスの質は「非常に高い」と評価する。まるで「神様」になったかのようにきめ細かいサービスを提供してくれるうえに、仮に何も購入しなくても、客に対して「ありがとうございました」と謝意を示す日本の小売業から、「中国は学ぶべき」であると主張する声は多い。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れた中国人旅行客の多くが、日本の小売店や商業施設におけるサービスの質は「非常に高い」と評価する。まるで「神様」になったかのようにきめ細かいサービスを提供してくれるうえに、仮に何も購入しなくても、客に対して「ありがとうございました」と謝意を示す日本の小売業から、「中国は学ぶべき」であると主張する声は多い。

 一方、中国メディアの今日頭条はこのほど、中国ではネット通販が普及すると同時に実店舗がネット通販に駆逐されつつあることを伝え、「日本から中国が学ぶべき点は多いが、日本の小売業は凄すぎて容易には真似できない」と主張している。

 記事は、「日本の小売業が繁栄しているからと言って、中国でも同じように小売業が発展し続けるとは言い難い」と指摘。日本の小売業におけるサービスや店舗運営は中国にとって学ぶべき点はあるとしながらも、中国は日本の小売業の優れた経営モデルを容易には模倣できない状況にあると論じた。

 日本の小売業は実店舗の数が多く、小さな商圏を数多く作ることで消費者に密着したビジネスモデルを構築していると指摘。また、アウトレットモールのように複数の施設を密集させ、買い物と余暇を同時に楽しむことのできるビジネスモデルもあると伝えた。

 一方、中国は共働きの家庭が多く、仕事に追われる人が多いため、もともとネット通販のほうが便利だと伝える一方、小売業は出店する立地もばらばらで、一箇所に集中して出店する一方で、まったく出店していない地域もあるうえ、品揃えやサービスの点でも消費者に密着した商売ができていないと指摘。日本の小売業がネット通販に駆逐されず生き残っているのは、それだけの努力があると伝えつつ、「日本で小売業が生き残れているからと言って、中国でも同様に生き残れるとは限らない」と論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)