デビッド・リーチ監督に決定 Photo by JB Lacroix/WireImage

写真拡大

 「デッドプール2(仮題)」の監督が、「ジョン・ウィック」の共同監督を務めたデビッド・リーチに正式決定したと、エンターテインメント・ウィークリー紙が報じた。

 前作「デッドプール」を世界累計興行収入7億8000万ドルという大ヒットに導いたティム・ミラー監督は、主演・プロデューサーのライアン・レイノルズとクリエイティブ面で対立して降板。製作・配給の20世紀フォックスは、後任の監督を急ピッチで探していた。

 複数の候補と面談をした結果、リーチ監督の映画化案が最も高く評価された模様。なお、リーチ監督の次作は、シャーリーズ・セロン、ジェームズ・マカボイ主演の冷戦スリラー「The Coldest City」で、2017年8月11日の全米公開を予定している。