離婚したナヤ・リベラとライアン・ドーシー Photo by Amanda Edwards/WireImage

写真拡大

 ドラマ「glee/グリー」のサンタナ役で人気を集めた女優・歌手ナヤ・リベラが、俳優ライアン・ドーシーと約2年の結婚生活に終止符を打ったことがわかった。

 リベラは2014年4月にラッパーのビッグ・ショーンと婚約破棄し、かつて交際していたドーシーと復縁して同年7月19日に結婚。この日はショーンと挙式予定だった日で、ドーシーの誕生日でもあった。リベラとドーシーの間には15年9月に長男ジョージーが誕生したが、米アス誌によれば、11月15日にリベラがロサンゼルス裁判所に離婚を申請し、息子ジョージーの主要親権を求める書類を提出したという。

 リベラは今年9月に発売した自叙伝「Sorry Not Sorry(原題)」で、ショーンとの破局について、歌手アリアナ・グランデと浮気していたからだと暴露。ちなみに、ショーンとグランデはすでに破局している。また自叙伝では、「glee/グリー」出演中の2010年、ドーシーと別れた直後に、彼の子どもを妊娠していることがわかり、キャリアを優先するためドーシーに知らせずに中絶したことも告白している。