JYJ ユチョン、本日(24日)「虚偽告訴」裁判に証人として出席予定

写真拡大

JYJのユチョンが自身を誣告(虚偽告訴) 及び恐喝した疑いで起訴された被告人らについて証言する予定だ。

ユチョンは本日(24日) 午後、ソウル中央地方裁判所の刑事15単独審理で開かれるA氏(女性) 、B氏(男性) 、C氏(男性) に対する誣告(虚偽告訴) 及び恐喝嫌疑の裁判に証人として出席する。

これに先立って開かれた裁判でA氏側は「ユチョンが強制的に性的暴力を振るった」と主張し、誣告の疑いを否定した。さらにB氏、C氏がユチョン側に恐喝・脅迫したという疑いに対しても否定した。

これを受けて裁判所は、対質尋問のため、ユチョンの所属事務所であるC-JeSエンターテインメントのペク・チャンジュ代表、当時事件が起こったキャバクラのマダム、ユチョンを証人として申請した。ユチョンは最近証人申請書を提出し、証人として出席することに対して意志を見せた。ただ、本人と裁判所の意思に従い、出席過程から尋問まで、すべて非公開で行われる予定だ。

ユチョンはA氏から性的暴行の疑いで告訴されたが、裁判所は嫌疑なしの処分を下した。